読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿のいほり

多ジャンル漫画・アニメ等のレビューブログ。

あげくの果てのカノン 1・2巻 感想

漫画

不倫もSFも普段自分から手を出さないジャンルなのに「SF×不倫」と書かれた帯を見たら無性に内容が気になるじゃないか…。

というわけで米代恭先生の「あげくの果てのカノン」を読んだので感想を書いていきます。

 

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

 

 

ゼリー(エイリアン)襲来によって 都市機能を失った東京・永田町。
高月かのん(23歳)は、高校時代から8年間、
一方的に大好きな境先輩への片想いをこじらせ、
崇拝の域に達している。

先輩以外を好きになったことがない高月にとって、
先輩との時間は、初めてのことだらけ。

触ること、
見つめること、
そして…

でも、いけない。
この「恋」を進めると、「罰」を受ける。
だって、先輩は他の人のもので、この世界のヒーローだから。

 

以下感想 ネタバレ注意

 

 

まず主人公のかのん。堺先輩が好きで好きでどうしようもなくて盗撮写真をスクラップしたり会えた日は声を録音したりそれを家で聴いて涙が滲んできちゃうくらいの若干メンヘラ女子。

好きの気持ちが強すぎて完全に一線を越えちゃってますが、かのんの先輩大好きっぷりが恥ずかしいくらいリアルで、こういうタイプの子によくある「誰かを好きな自分に酔ってる感」が全くなくとにかく必死なところがすごく共感できます。

人を好きになると誰しも傍から見たらちょっとヤバい行動をとってたりするんだろうなあと。

 

SFサイドでは「ゼリー」と呼ばれるエイリアンと堺先輩が所属する特殊部隊が戦闘しますが、そこで負傷者が「修繕」をすると腕がなくなろうが頭の一部が吹っ飛ぼうが綺麗に元通りに。

この魔法のような修繕ですが、やはりリスクが伴うようでその人の食の好みや人格などが少しずつ変わってしまうらしいです。

 

この先輩の変わっていく様がいろんな意味でドキッとするんですよね。

肉嫌いで全く食べなかったのに平然と目の前でハンバーガーを貪っていたり、性格も妙に強引で積極的になってたり、あったはずのホクロがなくなってたり...

カノンにとって高校の頃からずーっと一途に思い続けていた先輩が「修繕」をする度にどんどん知らない人になっていく…

なんかこれ読んでいてちょっとしたホラーだなと思ってしまいました。

 

それにしても修繕はどういう仕組みなんでしょう。

顔半分が無くなっても何もなかったかのように綺麗に治ってるので…他の誰かの身体の一部をくっ付けたりしてるんでしょうか…それで他人の人格とか組み込まれるようになっているとか…うわ~怖い。

 

不倫漫画なのでかのんと先輩が逢引きしているのを知って奥さんが黙っているわけもなく...

かのんから着信がきた堺先輩のスマホをコーヒーにミルクを入れるがごとく味噌汁にin…しちゃうような奥さん、初穂。

これ一番怖いタイプの人だ…と思ったら過去回想でかのんとそっくりな性格でびっくり。奥さん曰く堺先輩は「自分の言葉で一喜一憂するような立場の低い女が好き」らしいですが…これでまた先輩の真意がよくわからなくなりました。

修繕のせいで浮気性になってしまったのか、かのんの気持ちが単純に心地良いのか、それとも自分が変わっていないという証が欲しいのか…

あげくの果てのカノン(2) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(2) (ビッグコミックス)

 

この漫画は不倫漫画なので奥さんのお怒り描写など勿論ドロドロしている部分もあるんですが、絵柄のせいか不思議とさわやかさもあるんですよね。

カノンが先輩の一挙一動にドキドキしているところは普通に少女漫画のようで可愛いんです。

SF要素があることで色んな謎が散りばめられていて、ゼリーとは?地下とは?修繕とは?

と今後の展開が純粋に気になる面白さがあるので不倫というテーマでも重くなりすぎないんだと思います。

「SF×不倫」、新鮮でめっちゃ面白かったです。

 

 

コオリオニ 梶本レイカ 感想 すごいの一言しかない...

漫画

今まで読んできたblが全部生ぬるく感じるほどすごい漫画に出会ってしまった...

読後は体に力が入らずしばし放心状態…

サスペンスbl漫画と謳われていますがそんなものでは片付かない作品でした。

これを読んで上手くまとまった感想なんてまず書けませんが、とりあえず思ったことをつらつらと。

 

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

 

 

 “ヤバい男達が組んだ"

1990年代、北海道――…全国を震撼させる警察の不祥事が幕を開ける。

1990年代、警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始める。全国の警察は厳しいノルマを設けられ、それをこなす為に警察がヤクザと手を組むという点数稼ぎのデキレースが横行した。そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔(きど けいすけ)はいた。彼は何人もの犯罪者を情報提供者として飼い、北海道警察の中で一際多くの拳銃を"摘発"していった。そして彼は自分の運命である誠凛会(せいりんかい)の幹部・八敷 翔(やしき しょう)に出逢ってしまう。より大きい山を当てるために鬼戸は柏組(かしわぐみ)の武器庫に目を付け、八敷を潜入捜査に誘う。八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組む。二人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。

 

コオリオニ 感想 ネタバレ注意

まず刑事の鬼戸。大体の刑事×ヤクザblのようにやんちゃしてるヤクザのなだめ役かと思ったらとんでもない。人はバンバン殺すし生きてて辛そうだし社会に適合しようとして空回っちゃうような足元のおぼつかない人でした。事あるごとに彼女の八敷を殺そうとするので終始ハラハラしてました。

八敷。こちらは普通にヤバイ人でした。ヤクザ連中にもお姫様なんて呼ばれる美女ながらやることは残忍非道、えげつなすぎです。足の指ほとんど切り落とされたりそれを食べさせられたりやられる事もとんでもないですけどね…。

しかもあのキレーな見た目で毛皮着てヒール履いて「キャー」とか言っちゃうんですよ…溢れ出る人妻感…

 

作中でも言われてましたが罪悪感のかけらもなく自分はあくまでもかわいそうな被害者だと思ってるところがちょっとサイコパスっぽいです。

 

 

鬼戸は銃器摘発のノルマのために情報提供を求めて八敷に近づき、八敷は鬼戸が自分を殺してくれるのではないかと期待して近づく。

この2人が腹の探り合いをしながら惹かれ合っていく様に目が離せませんでした。

八敷も鬼戸も幼い頃から家庭環境は最悪。普通というものがわからず、互いに闇を抱えた死にたがりなので仲良くセックスしてると思ったら心の中は憎悪に燃えていたり、次の瞬間殺そうとしていたり...とにかく不安定なカップルです。

次のページで誰が誰を裏切るか、誰がこの世から消えているか全く先が読めないので読んでいてずっとハラハラしっぱなしでした。

正直自分はメインの2人ですら最後の最後まで信用できませんでした...

 

この漫画はスポットが当たる人物によってその人の印象がガラッと変わるところが面白いです。特に好きだったのは佐伯という八敷にとって幼い頃からの兄貴分的な男の過去回想。

それまで八敷が語っていた人物像とはまったく違い、何考えてるか良く分からないただのクズという印象だった佐伯がとんでもなく心の内ではもがいてあがいて苦しんでました。

 

佐伯は、堕ちるところまで堕ちてもそれを誰のせいにもしない。ちゃんと自分で選んだ道だと振り返る冷静さを持っているし、自分の母親に「今日からグレるわ」と宣言してからグレるような男。

でもそんな「意外とフツウ」な自分を思い知るほどうまくヤクザとして立ち回れる八敷との差を感じて自分の存在価値が分からなくなっていく…。

八敷は佐伯の尻拭いをする事で駄目な男の面倒を見つつヤクザという組織の役にも立ち存在価値を一挙に得るんですね。でもそれを見ている佐伯は自分だけ「城の外」に締め出されるようなどうしようもない疎外感を感じてしまう。

自分は幼い頃父親に犯られていた八敷を救ってコオリを溶いたのに、なぜお前は俺をここから救い出してくれないのかと。コオリを溶いてくれないのかと。

普通でもなく異常でもない、それでは自分は一体何者で居場所はどこにあるのかと苦しむ佐伯が本当に辛くて辛くて思わずうるっときてしまいました...

八敷は佐伯にとって触れたもの全てを食い尽す悪魔でありながら、俺の希望、俺のコオリの女王様でもあるという...

佐伯は八敷に殺されることを悟っていましたが、ずっと前から愛しい八敷に殺されることを望んでいたのかなあと感じました。

 

私は「かわいそうな自分を楽しんでる受け」が大好物なので八敷は本当にツボでした。ヤクザの中では木場さんが散々八敷をいたぶってくれるので好きです。ああいう飄々としたイっちゃってるインテリヤクザがいると一気に華やかになりますね。

 

 この漫画に普通の人は一人も出てきません。もれなく全員が普通がどういうことか分からない世間のはみ出し者。なので正直彼らの思考や言動はほとんど理解できないのですが、感情だけはこれでもかというくらいガンガン心に響いて訴えかけられました。もういろんな感情が自分の中に入ってきすぎて上下巻読んだあとには燃え尽きて、かなり疲れました。

今後再読するときも、「さあ読むぞ」と気合を入れなければ読めそうにない作品です。

コオリオニは以前から気になっていたのですが、電子化されていないので試し読みができないんですよね。なので色んな方々の「すごいの一言に尽きる」「blの枠に収まらない作品」という熱烈なレビューのみを頼りに前情報一切なしで読みました。

結果、本当にすごかった...

漫画を読んでいることを忘れる漫画です。映画や小説ともまた違う...

いろんな人間の深~い部分をより近くで見せられているような感じでした。

 

普段blを読む読まないに関わらず面白いと思います。梶本レイカ先生、一気に大ファンになりました。今後間違いなく作家買いします。

 

バンチで連載中の「悪魔を憐れむ歌」もWebで読んできましたがこちらもまたすごいです。コミックス発売が楽しみ。

 

 

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

 

鬼平9話 感想

アニメ

 

今回は過去回ということでポニテの平蔵が再び登場、

彼に「あの人がいなかったら今の自分はなかった」と言わしめる、平蔵にとって大恩人とも言える人の話でした。

 

今でこそ鬼の平蔵と呼ばれて貫禄たっぷりですが昔は酒に女に博打...とかなり遊んでたんですね。

今まで遊びに興味ナシ描写が多かったのでなんだか安心。

若い頃は生い立ちのせいでヤケになってた部分もあったようですが。

 

松岡は実は盗人で素性を明かすことができないから道場にも長く居られなかったと。

おまさの父が言っていたように根は腐ってない真っ直ぐなひとなんでしょうね。

「根がまっすぐな奴は悪事に染めた手をもっと汚ねえ悪事で洗い流そうとするんだ。そしてどんどん引けなくなって…」

まさにこの成れの果てが今の松岡なんでしょう。やめようにもやめられなくなっちゃったんでしょうね。

だからこそ自分と同じ妾の子という境遇や性格がよく似ている平蔵に「遊ぶのも結構だが師匠に迷惑はかけるな」と釘をさしていたと。

涙ながらに平蔵にお前は俺みたいになるなと訴える姿は感動でした。

 

平蔵にとって剣を振るうことはただの鬱憤晴らしだったというので、道を間違っていたらもしかするととんでもない悪党になっていた可能性も...

あの時期に松岡が来てくれたのは不思議な巡り合わせとしか言い様がないですね。

 

松岡の境遇を聞いて改心した平蔵が「俺は生まれ変わった!」と自分の息子である辰蔵とまったく同じセリフを言っていてフフっとなってしまいました。

鬼平はこういう笑いを毎回くれるところが本当に好きです。

 

鬼平 8話 白米が食べたくなるアニメ

鬼平8話「大川の隠居」。

今回は思わずニヤリとしてしまう回でした。

 

以下ネタバレ注意

 

 あらすじ

火付盗賊改方長官の屋敷に命知らずな盗賊が入る。

風邪で意識が朦朧としていた平蔵は父親の形見である銀煙管を盗まれてしまうが、大川の船で件の煙管をくゆらせる老いた船頭に出会う。平蔵が粂八に探りを入れさせると、なんとその船頭は以前粂八とともに盗みをはたらいていた盗賊仲間だった。

 

感想

平蔵が粂八に一芝居打たせてまんまと煙管を取り返しましたね。

大切な父親の形見なんだから目くじら立てて罰を与えてもおかしくないのに、「遊び事」と称して自分も今の状況を楽しんでしまうという平蔵の懐の深さ。

そして粂八の昔馴染みということもちゃんと考えて気持ちを汲んでやる優しさ。

間違いなく自分の中の上司にしたいアニメキャラ1位です...

盗んだ方もこれは鬼平には敵わないと二度と屋敷に忍び込むなんてことはしないでしょう。

タイトルの大川の隠居の「隠居」とは川の主のことも指していたんですね。

友五郎と同じ歳くらいで若いころからなじみがあるという一人と一匹の隠居。

今回はつい昔の悪癖が出てしまった友五郎でしたが、今度こそ本格的に隠居してほしいものです。

 

飯テロがやばい...

このアニメちょくちょく食事シーンが出てきますが、これがもう本当に美味しそう。

今回は風邪をひいた平蔵のために奥さんがお粥を持ってきてくれました。

このお米が光るお粥に刻んだネギがちまっと乗っていて…

付け合せの漬物とゆで卵がもうそれはそれはご飯に合うんだろうなあとヨダレが出そうでした。

このアニメ見てると白ごはん最強だなあと思います。

食生活を和食中心に切り替えたい人は鬼平を観たらいいと思います。

面白いし健康になれるし一石二鳥!

 

次回も楽しみです。

アニメ「鬼平」公式設定資料集【文春e-Books】

アニメ「鬼平」公式設定資料集【文春e-Books】

 

素敵な彼氏 3巻 ついにカップル誕生?

「来るもの拒まず去る者追わず」な塩顔イケメン×「素敵な彼氏」を夢みる天然女子のラブコメディー。3巻読みました。

 

ついに桐山くんのことが好きだという気持ちを自覚したののかでしたが、彼の方は自分のことをなんとも思っていなかったと悟り、泣き出してしまったところを「気がすむまで泣いて」と奨平くんが抱きしめたところが2巻のラストでした。

 

以下ネタバレ注意

 

 

素敵な彼氏 3 (マーガレットコミックス)

素敵な彼氏 3 (マーガレットコミックス)

 

 

 

3巻あらすじ

桐山くんの一挙一動に舞い上がっていたのは自分だけだったんだ...と落ち込むののか。

一方奨平くんのほうも最近失恋をしたらしく、ひょんなことから2人は宿泊研修の間だけ付き合っているフリをすることに

さわやかイケメンで話しやすい奨平くんに少し気持ちが揺らぐののかでしたが、結局自分の本当の気持ちに気づき、ついに桐山くんに思いを伝える決断をします。

「話がある」と言い覚悟を決めて桐山くんの家に向かいますが、そこにはなんと彼の元いいなづけが...2人の親しい様子に、ののかは告白をやめてしまいます。

その後桐山くんが「あの時の話ってなに?今から会えない?」と夜ラインでののかを呼び出すところで次回...という流れでした。

 

 

偽装カップルで宿泊研修

奨平くんと付き合っているという設定で過ごす宿研ですが、中庭のベンチで2人で話したり登山で足をくじいてしまったののかをおんぶしたり...もう普通のカップルにしか見えません。

あのクールな桐山くんがちょっと怒ってる?ような素振りまで見せて分かりづらいけど完全に嫉妬してましたね。

その後も偽装カップルのイチャつく姿を目の当たりにし、ついに嫉妬を通り越して寝込んでしまう始末。

お願いだからクールキメてないで告白して...

 

そんな中ののかが山の中にひとり置き去りにされ、もちろん探しに行くのは桐山くんです。

ここで...1巻ぶりの...キス...!...しかも洞窟で

改めてあまりのアップに耐えられるイケメンぶりにめちゃくちゃドキドキしました。

 

元いいなづけ

新キャラの桐山くんの元いいなづけ真央。自分のこと名前で呼んじゃう系女子。これは読者の大半から嫌われちゃう系女子ですね。

直接ののかに「直也と付き合うつもりだから邪魔しないで」と宣戦布告してきますが、ちょっとここで聞き捨てならないセリフが...

「直也いま彼女いないんでしょ?そういう時は付き合ってくれるもん」て...

これ今まで何回もくっついて離れてしてますねこの2人。

桐山くん、NOといえる勇気を持って...

4巻は彼女の話がメインになってきそうです。

 

素敵な彼氏 1 (マーガレットコミックス)

素敵な彼氏 1 (マーガレットコミックス)

 

まとめ

今回は間の悪さが目立ちました。偽装カップルが抱き合っているところを振り返った桐山くんが目撃したり、ののかが告白しようとしたら元いいなづけに遭遇したり。読者的には間が良いともいえるのかもしれませんが。

真央に「タイミングが合わない人とはずっと合わないよ」と言われて桐山くんもちょっと考え込むような感じでしたし、しばらく引いちゃうのかなあと思いきや後半彼にしてはすごく押せ押せでした。

ののかの偽装彼氏である奨平くんはサッカーの試合でかっこいいところを見せたりおんぶで山登って男らしさを見せてましたが、結局ののかの中では「全然嫌いじゃない」止まりでした。

でも普通こういう付き合ってるフリをする展開ってどちらかが罪悪感を感じたり気持ちがモヤモヤしていて話が暗くなりがちですが、ののかは桐山くんのことを気にしつつも奨平くんとのお付き合いを単純に楽しんでる感じがして良かったです。

あれだけ彼氏を欲しがってたわけだし、仮にも初めての彼氏と宿泊研修でしかもカップルイベント満載だったら当たり前にドキドキしますよね。

 

素敵な彼氏は桐山くんの元カノがもうすでに2人も出てきましたし、奨平くんという当て馬的存在も登場しました。少女漫画の展開としてはちょっと早いかなと思うんですが...そんなに長期連載にはならないんですかね。

桐山くんとののかをもっと見ていられることを願うばかりです。

 

 

 

初心者レビューブログでもAmazonアソシエイトに受かりました

 

タイトル通り、承認していただけました。

それも1時間半で。

絶対落ちると思っていたのであまりのスピード承認に驚きです。

というのも、

ブログを始めて8日目な上に

わずか5記事(1500文字以上)、

トップページにまず表示されるのがBL漫画の紹介

だったからです...あ、PV数は雀の涙ほど。

たぶんブログの説明を丁寧に書いたことと、あとこれが一番だと思うのですが、自分自身がAmazonで購入した漫画を紹介しているからかなあと思います。

昨日届いた漫画を今日レビューしたので。

商品リンクを貼らせてもらいたいがために申請したので通って良かったです。

漫画の紹介って受かるのか?という疑問があったのと、ほかの方が書かれたAmazonアソシエイト合格の極意ブログが非常に参考になりましたので自分も書いてみました。

 

 

と、いうわけで

当ブログ「鹿のいほり」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

よろしくお願いします~。

ダブルミンツ これぞ読みたかったBL

漫画

 映画が2017年初夏公開と聞きやっとこさ読みました。

それにしても最近BL映画化多いなあ。

まあそれだけ作品の数自体が増えたし、中身もしっかり詰まった作品がたくさんあるって事ですね。

 

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

 

このダブルミンツという作品はかなり前から読みたいリストに入れてた作品で、ああ自分これ絶対好きなやつだなと思ってたんです。

中村明日美子先生といえばBLの教科書と言われることも多い「同級生」シリーズがその界隈ではあまりにも有名。

自分はこの作品を読んだときに「面白い、面白いんだけどこの作家さんの耽美な絵と映画のような話の構成力でもっと重苦しくてぐちゃぐちゃどろどろしたBLも読んでみたい…!」と思ってしまい。

どうやらこのダブルミンツがその究極の理想形のようだぞ…とレビューを色々調べてみると

「同級生シリーズの爽やかな雰囲気が好きだったのでこちらは無理だった」

とか

「重い。痛い。登場人物がクズ。」

といったものが多く、逆にかなり興味をそそられました。

 

読んでみた結果、自分の思っていた数倍重く、痛々しく、美しい作品で、まさにこれを探していたんだ…!という感じでした。

 

 

以下ネタバレ注意

 

 あらすじ

メインの2人は同姓同名のミツオ(攻)とみつお(受)。

この攻めの方が、高校時代みつおにカツアゲはされるわ素っ裸に剥かれて体育倉庫に閉じ込められるわ度の過ぎたイジメのような事をされていたんですね。

おまけに中2から付き合っていた彼女を寝取られます。

この時点でもう最高にクズい…のに、そんな最低なことをするみつおがただただ綺麗にみえて仕方がないミツオ。

怒るどころか、さっきまでみつおと寝ていた彼女を今度は自分が抱き、彼女に残るみつおの跡を探し、辿るという…清々しい変態っぷり。

数年ぶりにみつおから「女を殺した」という電話がかかってきて、卒業以来会っていなかった2人はそこからまた関わりを持ち始めます。

この、女を殺したという罪を背負って生きていくみたいな話かなと想像してたんですが…この後にもヤクザ絡みの生きるか死ぬかみたいなそれはもうヘビーなことがてんこもりでした。

 

ページに見とれる美しさ

やっぱりあの素敵な絵で男性の身体を熟れた果物のように描いているので、手足の骨ばった感じとか腰の曲線なんかが見とれるほど綺麗だった…

受けが足が冷えたからあたためろと言い、攻めが足先を丁寧に舌で舐めるシーンがあるんですけど…めちゃくちゃドキドキしますここ…!

こういう描写は中村先生じゃないとここまで魅力的に描けないだろうなあと思います。

2人の関係性の変化も面白いです。

ミツオは首尾一貫して熱のこもった目でみつおを見ているけれど、みつおの方は別に何とも思ってないよね?という風に途中までは思ってたんです。

でも2人が愛し合うシーンとか過去の事も踏まえて考えると、おそらくみつお側も高校時代からミツオから目が離せなくなっていたのでは…と感じました。

 

ダブルミンツ

ダブルミンツ

 

あとは…なんと言っても「断髪式」のDVDを見るところかな。

みつおはヤクザの犬のような事をしているんですが、そこで過去にヘマをやってケジメつけるために髪を全部刈られて丸坊主にされるんですね。で、おまけに複数人にマワされるのを録画されていて、その映像をミツオが見るんです。

ここ、正直えろすぎて息を飲みました…

なんだこの芸術作品は…さすが中村明日美子神だ…

もうただただ美しさに目を奪われました。

必見シーンです。

 

まとめ

作中で「好き」とかそういう甘ったるい台詞は一言もないけど、自分を簡単に犠牲にできるくらい互いが互いのことをどうしようもなく大事に思っていることが伝わってきます。

ラストも綺麗に終わってましたし、2人の後日談が描かれている「雨」という話も収録されていて、そこでもさらに2人の絆が垣間見られました。

 

あとがきで中村明日美子先生が

「名前が同じという事は正体が同じであるとも言える。つまり同じ人間であるのではないか」

というふうに仰ってました。

作中で「2人は元々2人で1人の人間で、それを半分に切り離されてバラバラの人間になったんだよ。」

とミツオが話す場面がありますが、なるほど納得できます。

2人が何となく似ているからというのもあるし、私も下の名前が同じだけで「この人とは何か近いものがあるなあ」と感じることが良くあります。

そう考えると、2人がまた再会して遠い異国に2人で逃げることになるのは始めから決まっていたことのような気がしてなりません。

 

いや~本当にこの作品を読めてよかった。

中村明日美子先生には同級生のような王道作品もですが、こういう読む人を選ぶ作品もたま~に描いて貰えたら泣いて喜びます(;_;)

果たしてこれをどう映像化するのか…不安と期待が半々ですね。

ちょっと間違えると「ふーんそれで?」となってしまうモノになる可能性が…

公開が楽しみです。