鹿のいほり

漫画の感想など

「ダブルミンツ」 中村明日美子 感想 2人のみつお。同じ名前が持つ魅力。

 映画が2017年初夏公開と聞きやっとこさ読みました。

それにしても最近BL映画化多いなあ。

まあそれだけ作品の数自体が増えたし、中身もしっかり詰まった作品がたくさんあるって事ですね。

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

 

このダブルミンツという作品はかなり前から読みたいリストに入れてた作品で、ああ自分これ絶対好きなやつだなと思ってたんです。

中村明日美子先生といえばBLの教科書と言われることも多い「同級生」シリーズがその界隈ではあまりにも有名。

自分はこの作品を読んだときに「面白い、面白いんだけどこの作家さんの耽美な絵と映画のような話の構成力でもっと重苦しくてぐちゃぐちゃどろどろしたBLも読んでみたい…!」と思ってしまい。

どうやらこのダブルミンツがその究極の理想形のようだぞ…とレビューを色々調べてみると

「同級生シリーズの爽やかな雰囲気が好きだったのでこちらは無理だった」

とか

「重い。痛い。登場人物がクズ。」

といったものが多く、逆にかなり興味をそそられました。

 

読んでみた結果、自分の思っていた数倍重く、痛々しく、美しい作品で、まさにこれを探していたんだ…!という感じでした。

 

 

以下ネタバレ注意

 

 あらすじ

メインの2人は同じ名前のミツオ(攻)とみつお(受)。

この攻めの方が、高校時代みつおにカツアゲはされるわ素っ裸に剥かれて体育倉庫に閉じ込められるわ度の過ぎたイジメのような事をされていたんですね。

おまけに中2から付き合っていた彼女を寝取られます。

この時点でもう最高にクズい…のに、そんな最低なことをするみつおがただただ綺麗にみえて仕方がないミツオ。

怒るどころか、さっきまでみつおと寝ていた彼女を今度は自分が抱き、彼女に残るみつおの跡を探し、辿るという…清々しい変態っぷり。

数年ぶりにみつおから「女を殺した」という電話がかかってきて、卒業以来会っていなかった2人はそこからまた関わりを持ち始めます。

この、女を殺したという罪を背負って生きていくみたいな話かなと想像してたんですが…この後にもヤクザ絡みの生きるか死ぬかみたいなそれはもうヘビーなことがてんこもりでした。

 

ページに見とれる美しさ

やっぱりあの素敵な絵で男性の身体を熟れた果物のように描いているので、手足の骨ばった感じとか腰の曲線なんかが見とれるほど綺麗だった…

受けが足が冷えたからあたためろと言い、攻めが足先を丁寧に舌で舐めるシーンがあるんですけど…めちゃくちゃドキドキしますここ…!

こういう描写は中村先生じゃないとここまで魅力的に描けないだろうなあと思います。

2人の関係性の変化も面白いです。

ミツオは首尾一貫して熱のこもった目でみつおを見ているけれど、みつおの方は別に何とも思ってないよね?という風に途中までは思ってたんです。

でも2人が愛し合うシーンとか過去の事も踏まえて考えると、おそらくみつお側も高校時代からミツオから目が離せなくなっていたのでは…と感じました。

 

ダブルミンツ

ダブルミンツ

 

あとは…なんと言っても「断髪式」のDVDを見るところかな。

みつおはヤクザの犬のような事をしているんですが、そこで過去にヘマをやってケジメつけるために髪を全部刈られて丸坊主にされるんですね。で、おまけに複数人にマワされるのを録画されていて、その映像をミツオが見るんです。

ここ、正直えろすぎて息を飲みました…

なんだこの芸術作品は…さすが中村明日美子神だ…

もうただただ美しさに目を奪われました。

必見シーンです。

 

まとめ

作中で「好き」とかそういう甘ったるい台詞は一言もないけど、自分を簡単に犠牲にできるくらい互いが互いのことをどうしようもなく大事に思っていることが伝わってきます。

ラストも綺麗に終わってましたし、2人の後日談が描かれている「雨」という話も収録されていて、そこでもさらに2人の絆が垣間見られました。

 

あとがきで中村明日美子先生が

「名前が同じという事は正体が同じであるとも言える。つまり同じ人間であるのではないか」

というふうに仰ってました。

作中で「2人は元々2人で1人の人間で、それを半分に切り離されてバラバラの人間になったんだよ。」

とミツオが話す場面がありますが、なるほど納得できます。

2人が何となく似ているからというのもあるし、私も下の名前が同じだけで「この人とは何か近いものがあるなあ」と感じることが良くあります。

そう考えると、2人がまた再会して遠い異国に2人で逃げることになるのは始めから決まっていたことのような気がしてなりません。

 

いや~本当にこの作品を読めてよかった。

中村明日美子先生には同級生のような王道作品もですが、こういう読む人を選ぶ作品もたま~に描いて貰えたら泣いて喜びます(;_;)

果たしてこれをどう映像化するのか…不安と期待が半々ですね。

ちょっと間違えると「ふーんそれで?」となってしまうモノになる可能性が…

公開が楽しみです。

 

mominokirin.hatenablog.com

アニメ「鬼平」が今期1番の面白さ

2017年冬アニメも後半に入ってしまいましたが...

 

録り溜めた鬼平をそういえばまだ見てなかったと思い出して、一気見しました。

 

…すごい好きなやつでした。

 

 

 

鬼平正直あまり話題になってない…ような気が...

7話を観て泣いたので、気持ちと後半に向けての話の整理をするために感想を書こうと思います。

 

あらすじ

原作は池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」。

江戸時代後期に盗賊たちに「鬼」と恐れられていた男、長谷川平蔵

火付盗賊改方(特別警察のようなもの)である鬼の平蔵が、持ち前の剣術と正義の心で悪を裁いていくという話。

 

 

鬼の平蔵がとにかくカッコイイ

「勇気と人情あふれる人柄で、毅然とした佇まいの中にもどこか色気を感じさせ人を惹きつけるオトナ」と紹介されているまさにその通りの人物。

こんなに色々持ってるってずるいと思うくらい、うわあ~良いオトコってこういうのだよなあとしみじみ。

江戸時代のいわば警察なのでものすごく腕が立つのはもちろんのこと、人としての魅力が溢れてます。

時には盗賊に情けをかけて、盗みをするしかなかった波乱の人生を思い一緒に悲しみに暮れたり、そんな人々を自分の元で働かせて親代わりのような存在になったり。

素っ裸で捕らわれた女性を誰にも姿を見られないように気遣う紳士な面も。

一見完璧なのに普通に怒ったり泣いたりする人間らしいところが素敵。

 

アニメ観ていてこんなに「かっこいい...」を連発したことないくらい、ついつい口をついて出てます。

 

鬼平はこのイケオジ長谷川平蔵が盗賊を叩くというよりは、平蔵を中心とした人間ドラマがメインで描かれてます。

なので話は毎回まったく違った切り口。人の数だけ色んな人生があるんだなあということを思い知らされます。

 

 感動の7話

冒頭で「泣いた」と書いた7話ですが、

この回は幼い頃に継父から虐待を受けていた音松という男の話。

音松は子供の頃に平蔵と出会っており、12歳という若さで路頭に迷い、色々悪事をはたらいた挙句捕らえられて平蔵と再会します。

まだ30にもならない若さにも関わらず「もうくたびれちまったんだよ…」と言い自らの意思で磔を望む姿が、見ていて辛くて辛くて...

最後に平蔵に「何か望みはあるか」と聞かれ、少し躊躇ったあとに「鬼の平蔵にこんなこと頼めないな...」という音松。

でもそこで平蔵が音松の気持ちを汲んで、間髪入れずに黙って抱きしめる...

もうここで涙腺崩壊でした(;_;)

あの瞬間は間違いなくお互いを大切に思い合う「親と子」でした。

 

 

アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】

アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】

 

 

 1話完結で入りやすい

1話で毎回綺麗にまとまっているのも良いです。尺のこととか忘れるくらい、始まった瞬間からスーっと話に入っていけてジーンと心温まったり、切ない気持ちでやるせなくなっている間にいつもあっというまにエンディングです。

モヤっとしたまま、救いのないまま終わる話もあるんですよ。

でも中途半端に話を投げずしっかり最後まで描かれているせいか、自分の中できちんとまとまるし、今回も本当によかったなあという感想しかないんです。

 

一週間に一回こういうアニメがあると、大げさかもしれませんが生活のバランスがとれるというか...

今日は帰って鬼平みてゆっくりしようって思うと気分が落ち着くんですよね。

平蔵は堀内賢雄さんが声を当ててるので、あのオトナの低音ボイスのせいもあるかも。

平蔵にぴったりはまっていて良い上司感がものすごいです。

 

 

鬼平と五葉

私はノイタミナ作品のさらい屋五葉がアニメの中で1、2を争うくらいすごく好きなんですが、鬼平は五葉を見ていたときとなんとなく同じ気分で視聴しているような気がします。

まあ時代が一緒なので当然といえば当然かもしれませんが、あの時代の独特な雰囲気とか男女の艶っぽい関係とか、作品にまとうしっとりした空気感がとても心地がよくて、江戸の酒処に入って「酒とつまみ」って言いたくなります。

 

1話だけ見てみるかくらいの気持ちでまさかこんなにハマるとは...

戦闘シーンもカメラアングルがぐるぐる変わってスピード感あり迫力あり、作画も綺麗です。

シリアスな作品だと受け取られてしまうかもしれませんが、クスクス笑えるシーンだったりギャグもたくさんあります。

 

 

あと6話も観られるなんて幸せしかない...

小説も読んでみようかなあ。

観てない人には本当におすすめしたいアニメです。

 

 

 

mominokirin.hatenablog.com

 

 

 

小林有吾「アオアシ」 8巻 感想 サイドバックだからできること

アオアシ8巻の感想です。

 

以下ネタバレ注意

↓全体を通しての感想

mominokirin.hatenablog.com

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

 

 

まず表紙がかわいい。

花ちゃんと杏里ちゃんエスペリオンユニフォーム似合いすぎ...。

巻末に書き下ろしでアオアシ女子4人がユニフォーム着ているイラストがあって、こちらも最高でした。母もまだまだいけるよ。

 

あらすじ

東京都リーグ四連敗中で後がないエスペリオン。

フォワードなのに点が取れず負けたのは自分の責任だと落ち込む橘。

そこで仲良し4人でお好み焼き食べに行ったら懐かしい2人に遭遇…からの不穏な空気。

さあもう負けられない次の試合でアシトがサイドバックとして初めての公式戦出場。

そこで素晴らしいプレー&強烈なキャラを披露するキャプテン義経さん。

アシトが例の天賦の能力で司令塔としての才能を開花させ始め、初の一勝を収めて歓喜するエスペリオン面々…の中でひとり浮かない顔の橘がびっくり発言…

それを聞いたアシトが「武蔵野みにいこう」

 

という感じでした。

小林先生のブログで8巻のあらすじに「悩む橘」というワードが3回も使われていて笑いました。

でも本当にこの1巻まるっと悩みに悩んでました彼…

人一倍責任感じやすい性格だし、武蔵野から抜けてきたわけだから結果を残さねばと焦りもあるんだろうなあ。

今回怪我の調整でBチーム入りした義経のプロ級のボール捌き、スーパープレーに胸をときめかせながら「あんたのプレーに惚れた!あんたになりたい!」という葦人に対し、橘は「こんなこと俺に出来るわけない…」とこうも両者で違いが出るのかという反応でした。

義経の葦人と栗林が似てる発言にも驚きました。

自分は誰よりも点を取る自信があるが、それはあくまでも11人の中の1人で、栗林はそうじゃない。

その栗林に似てるということはほかの10人にはできない別の役割が葦人にはあるってことなんだろうか...

今回葦人が気づき始めていたサイドバックという後ろのポジションだからこそできる、前の選手の「目」になりコーチングして導き点につなげる....

要は仲間に「点を取らせる」ことが関係してそうです。

 

それにしても義経…ちょっとキャラ濃すぎだ。

語尾に~ナリ。とか無表情で何考えてるか分からないところとか

某有名バスケ漫画の彼を思い出してしまうのは自分だけだろうか…

曲者揃いのエスペリオンをまとめあげているというのにこのぬぼ~っとした感じ。好感度上がります。

 

 

今回サイドバックで公式戦デビューのアシト...

今まで点を取ることを第一に考えてサッカーをやってきた葦人にとってかなり悩み苦しんだ試合だったと思います。

しかし試合終盤はDFの自分を未だ受け入れられないながらもまた何か進化の糸口を掴みかけている感じでした。

今更ながらアシトの能力すごいよなあ…

「ピッチにいる選手全員の位置を把握できる」「選手の次の動きが見える」「空を飛んでいるかのように全体が見えている」

ってこれ無敵じゃん…

これは福田監督がアシトをサイドバックに転向させたのにも頷けます。

だって明らかに周りに指示を出して敵味方を動かした方がチームの得点につながるし。

「周りを使う」ということをだんだんとモノにしてきているので、司令塔として栗やキャプテンや阿久津そして桐木(謎の推し)とAチームで一緒にプレーするのが待ち遠しい限りです。

今回もアシトが悩んだり考えたりしていることを全部見せてくれていたので相変わらず選手の動きが良くわかるし、すごく読み応えのある試合内容でした。

アシトが前の巻で信じられないような成長をしたと思ったら次の巻でまたさらに鳥肌が立つような進化をするので話もどんどん面白くなってます。

 

次の9巻は橘総一朗が活躍してくれるのかな。

彼の復活&覚醒に期待。

 

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

 

mominokirin.hatenablog.com

「先生!」 河原和音 感想 素晴らしい当て馬がいた

JKと先生の卒業までの恋愛を描いた少女漫画。

2017年秋に広瀬すずさんと生田斗真さんが主演の映画が公開されるらしく、キャンペーンで3巻無料だったので試しに読んでみたんですが...

あまりにも自分の理想の先生×生徒漫画だったので文庫版の最終11巻までを一気読みしました。

 

 島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

途中まで…8巻までは眼鏡で冷めてる伊藤先生と一途に先生を思う響の恋を温かい目で見守り、交際してることを堂々と公言できないもどかしさから何度もすれ違ったりまたくっついたりを繰り返す王道展開をニヤニヤしながら読み進めていたんですが...

9巻でとある当て馬が登場してからはそっちが気になって仕方がなくなってしまい、最後まで読破してもその当て馬のおかげで何だかメインの二人どころではなくなってました。

なのでここではメイン二人ではなく、その当て馬である藤岡勇輔くんのことを書きます。

 

以下ネタバレ注意

 


映画 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』本予告【HD】2017年10月28日公開

メインの話ではないので色々割愛しますが、紆余曲折あって響と先生は付き合うようになり響が所属する弓道の部活関係で文武両道イケメン藤岡くんに出会います。

ヒロインの響は先生と付き合っていく上で悩んでも仕方のないことをグダグダ一人で考えてしまう子で、それまではその都度先生が何があっても二人なら大丈夫、と大人の余裕で励ましてきた流れでした。

しかし藤岡が出てきたことによって先生はやはり同年代の男子と付き合った方が響にとっての幸せになるのではと考え始め、響と少し距離をおくことに。

そこで藤岡の響へのアタックが始まるんですが、常に響の幸せを第一に考えて傷心の彼女に寄り添い、ただ一緒にいてくれる藤岡を

「人のことどうでも良さそうで意外とちゃんと見てくれている」

「わかりにくいけどやさしい」

こういうところが伊藤先生そっくりで、先生が高校生だったらこんな感じなのかなあ…と響は2人を重ねるようになります。

藤岡と付き合えば手をつないで街を堂々と歩けるし、自転車に二人乗りして帰ったり普通に高校生らしい恋愛ができる…

そんなことを考えたりもしますが、結局最後は先生を選びます。

 

その時の藤岡くん、それはもう引き潮のように静かに身を引くんです…

どこまでも優しい…

 

先生! 10 (集英社文庫―コミック版)

先生! 10 (集英社文庫―コミック版)

左が藤岡くん

 

彼は一般的な当て馬像とは一致しなかったというか、個人的に全然当て馬っぽさを感じなかったんですよね。

言い方が悪いけどある意味存在感は薄いかも。

普通当て馬ってヒロインの女子を振り向かせるために必死になってかなり積極的な行動を取りがちで、そういう強引さに女子はドキッとするし、この人もアリかも…ってグラグラくるんだと思うんですよね。

ところがこの2人、キスどころか手すらつなぎません。

よく色んな少女漫画の当て馬がまとめられている画像でなかなかのイケメン達が「俺の物になれよ」的なセリフとともに紹介されてますが、

これを見ていて藤岡くんがここにいたらたぶん浮くなあと。

だってただのいい人なんです藤岡くん。

高校生とは思えないほど人格者だし、優しすぎてこっちが苦しくなってくるくらい。

一体どんな親に育てられたらこんな素敵な子になるんだろうか。

 

でも10近く歳の離れた嫉妬なんて無縁に思えるあの伊藤先生のライバル役だし、このくらい大人びて余裕のある設定の当て馬にしないと読者も魅力を感じなかっただろうなあと後から思いました。

伊藤先生のライバルが響とイチャイチャしたり無理やりキスとかしてたら多分この作品の雰囲気を壊していたと思います。

藤岡くんでよかった。

「先生!」は今河原先生が連載されている「素敵な彼氏」や「高校デビュー」と比べると先生と生徒という設定のせいか全体的に雰囲気が暗めです。

同作者の作品だと底抜けに明るいヒロインでポジティブなイメージがあったので今回キャラクターが感傷に浸るシーンなんかも結構あって、そういう空気感も含めてすごく好きな漫画になりました。

藤岡くんのことについて触れましたが、当て馬がこれだけ素敵に見えるのはやっぱり伊藤先生が魅力的に描かれているからだと思います。

26歳とは思えないくらい良い意味でオヤジっぽく、色んなことに無頓着で感情が読み取りづらいが響のことを何よりも大事にしてくれる先生が最高にかっこよくて、学校で思わず先生を目で追ってしまう響と同じ気持ちで読んでました。

 

この作品は終わり方が割とあっさりしていてその後の展開は読者が自由に想像できるラストなので、後日談的な番外編があるのかなと思ったらないんですね。

ぜひとも先生と響、聖人藤岡くんのその後の話が読みたいです。

 

mominokirin.hatenablog.com

先生! (1) (集英社文庫―コミック版 (か42-3))

先生! (1) (集英社文庫―コミック版 (か42-3))

 

「アオアシ」 小林有吾 感想 サッカー知らないのに見事にハマりました

マンガ大賞2017にノミネートされているサッカー漫画、アオアシ

昨年マンガワンでとりあえず1話だけでもと思って読み始めてみたら、もう1話の時点でおおっ?と思いもう時間を忘れて夢中で読み進め、単行本でいう3巻に差し掛かったところで号泣…。

これは久々に熱くなれそうな漫画に出会えたと興奮で鼻息を荒くしながら本屋に走り全巻揃えました。

 

 

以下ネタバレ注意

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

 

 

あらすじ

簡潔にいうと際立ってサッカーが強くもない愛媛の一般中学に通う青井葦人(アシト)がサッカーのユースチームに入ることになり、プロ目指して奮闘する話。

このユースが舞台になっているところがスポーツ漫画として斬新で作品を盛り上げている要素だと思います。

普通のスポーツ漫画ならば8巻まで話が進むと大抵ライバル校の一つや二つ出てきますが、アオアシは8巻時点でそれが全くなく、ほとんどのサッカー描写がユースでの練習風景なんです。

チーム内の練習を見せられているだけって果たして面白いのか?と思いきや、緊張感は手に汗握るほどだし、話が散らばらないのでかえって読みやすい。

私はスポーツ漫画を読んでいるとライバルチームが多すぎて正直キャラの把握で精一杯だったり、もっと主人公やそのチームを深く掘り下げて欲しいなあと思うことが多いので、アオアシみたいにアシトを軸として話が展開される漫画は感情移入がしやすいし単純に内容が分かり易いです。

 

サッカー知らなくても全然OK

アオアシ推しておきながら実のところサッカーの知識は皆無なので、今までほかのサッカー漫画を読んでも試合でキャラがどういう動きをしてどういう経緯で得点につながったのかというのは「ん?」と疑問に思った部分があっても仕方なく読み流していました。

でもアオアシは試合で「何をやっているのか分かる」んですよね。

というのも、得点する場面よりも「ゴールまでの課程」に重きが置かれているので、スペースの使い方やボールを持っていない間の動きがとても丁寧に描かれていて、サッカーの様式美を感じられるような頭を使うプレーが多いからだと思います。

 サッカーってそうそう点が入るものではないのでついゴール場面に目が行きがちですが、そもそもあの広いピッチでディフェンスを躱してシュートを打つチャンスを作り出すことって本当にものすごい事なんだなあと素人ながら感じました。

こういう過程の描写によって、ある意味試合の展開をプレイヤーが直接解説してくれているので手に取るように選手の動きが分かります。

各所で多く見かける「サッカーに対する知識や興味がなかったが抜群に面白かった」というレビューをいつも大きく頷きながら読んでます。

そしてこの頭脳プレーをより面白くしているのが、本人も気がついていないアシトのある天賦の才能によるもの...。

この才能を買われてアシトはユース入りします。

話が進むごとにどんどん覚醒して能力が開花していく様は鳥肌ものです。

 

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

 

キャラクターについて

ユースって...結局は強い子達の寄せ集めで苦労知らずなんでしょ...?

スタイリッシュそう...となんとなく思っていましたが、とんでもない。

プロになるためだけに入団しているので楽しくサッカーなんて考えの者は居らずみんな必死です。

当たり前ですがユース生はサッカーが元々抜きん出てうまいのでそれぞれ自分のサッカーに自信があって、我が強い。

そしてこれまた知らなかったんですが、サッカーにはジュニアユースというものがあるんですね。

アシトの所属するエスペリオンユースもジュニアユースから上がってきた昇格生が多いのでサッカーの基礎やチーム戦略が叩き込まれているんですが、もちろんアシトはそんな事は教わってこなかったのでユースに入ってからも何度も挫折を繰り返します。

こういう今までサッカーをやってきた環境の違いからジュニアユースのいわゆるアカデミー育ちと葦人のようなセレクション合格やスカウトで外から入団してきた者とがまあ噛み合わず、意思の疎通が全くできない。

そんな状況を打破しようと葦人が自分に何が足りてないのかを試合中考えて考えて立て直すまでの流れが5巻~6巻で描かれていて…

このシーン...最近スポーツ漫画からめっきり遠ざかっていた自分にまたあの快感を教えてくれました。

脇キャラではアシト母とお兄ちゃんもすごくいい味出してます。

いや、アオアシに良い味出してないキャラなんていないんですけど...

最初に書いた号泣の原因も男前な母ちゃんです。

 葦人が上京する場面は原作者小林先生の実話が混じっているとか...一見あったかくて優しいザ・母親じゃないところが余計に涙を誘うんですよ...

葦人属するエスペリオンの成長、Wヒロイン気味の恋の行方など続きが気になる要素満載で楽しみです。

 

色々書きましたが一言でいうと、アオアシ超面白い。

毎週読んでてつなぎとか箸休め回がない。全話面白い。

 

マンガ大賞とってほしいな。

追記:マンガ大賞4位おめでとうございます!

 

mominokirin.hatenablog.com