米代恭「あげくの果てのカノン」 1・2巻 感想

不倫もSFも普段自分から手を出さないジャンルなのに「SF×不倫」と書かれた帯を見たら無性に内容が気になり…。

読みだすとすぐに作中の世界観にどっぷりハマり、「恋」することの狂気をキャラクターひとりひとりが訴えかけてくるような深い作品でした。

 

以下ネタバレを含みます。

 

ゼリー(エイリアン)襲来によって 都市機能を失った東京・永田町。
高月かのん(23歳)は、高校時代から8年間、一方的に大好きな境先輩への片想いをこじらせ、崇拝の域に達している。
先輩以外を好きになったことがない高月にとって、先輩との時間は、初めてのことだらけ。
触ること、見つめること、そして…
でも、いけない。
この「恋」を進めると、「罰」を受ける。
だって、先輩は他の人のもので、この世界のヒーローだから。

主人公のかのんは高校の先輩だった境宗介を好きすぎるあまり盗撮写真をスクラップしたり、録音した音声を繰り返し再生しては涙を滲ませるような危ない女子。

それなのに境先輩への気持ちが最早崇拝の域に達しているかのんの行動や思考がここまで恥ずかしいくらいリアルに描かれていると、彼女のストーカー行為に「引く」というよりは「共感」の方が大きい。

人を好きになると誰しも傍から見たら危ない行動をとってたりするんだろうなと。

 

かのんのいる世界では「ゼリー」と呼ばれるエイリアンが襲来し、これと戦闘するのが境先輩が所属する特殊部隊SLC。

詳しい事は不明ですがゼリーはかなり人類にとって厄介な敵らしく、戦う時は命懸けになるので宗介は人類の英雄的な存在。

この戦闘で負傷しても「修繕」をすると腕がもげようが頭の一部が吹き飛ぼうが綺麗に元通りになるという仕組みがあり、付随するリスクとして本人の人格そのものが少しずつ変化していきます。

肉嫌いだったはずの境先輩が目の前で平然とハンバーガーを貪り、あったはずのホクロがなくなり、性格も以前と比べて妙に強引で積極的になっている...

かのんにとって好きな人の数え切れない程あった好きなところが変わったり無くなったりして、だんだん知らない人になっていくような感覚はなんとも言えない怖さがあります。

 

宗介の妻である初穂はかのんとの逢引きを知って黙っているような女ではなく、美人で頭も良く宗介と同じSLCの研究者として活躍するいわゆる「デキる女」。

かのんから着信がきた宗介のスマホをコーヒーにミルクを入れるがごとく味噌汁にin...するほどの冷酷さなのに、過去回想では意外にも今のかのんと同じく宗介の言葉に一喜一憂する姿が描かれる。

初穂は宗介に釣り合う女になるために「変わって」きたのに、彼は変わる前の自分のような女を好きだと言い、自身は変化する宗介を吐き気がするほど許せない。

かのんは高校時代から一途に先輩を追いかけ、宗介はかのんの自分に向き続ける真っ直ぐな好意に「変わっていない自分」を見つけて安心し、初穂は宗介の変化を止めようとしている。

人も感情も同じであり続けることなんてできないのに、それでも不変を追い求める彼らの行き着く先はどこなんだろう...

 

この作品が不倫物なのにそこまで陰鬱な気分にならないのはSF設定が絶妙にストーリーに練りこまれていることと、かのんが初穂から先輩を略奪したいとか関係を壊したいとかそういう感情よりも「ただただ先輩がどうしようもなく好き」という純粋な気持ちが強く押し出されているからだと思います。

 

かのんビジョンで読んでいるせいか堺先輩は血だらけでも顔に大きな傷跡が縦断していても素敵で、この顔の傷をかのんが愛おしそうに指でゆっくり辿るシーンは思わず息を飲みました。

「私は今、神様に触れている」

と幸せを噛み締めるかのんがこれ以上変わっていく先輩に対してどうなってしまうのか...

変化していく様をこれだけ「怖い」と感じる漫画は初めてです。

 

「SF×不倫」、期待を良い意味で裏切られた異色の面白さでした。

 

↓3巻感想

mominokirin.hatenablog.com

 

「コオリオニ」 梶本レイカ 感想 すごいの一言しかない

すごい漫画に出会ってしまった...

読後は体に力が入らずしばし放心状態…

サスペンスbl漫画と謳われていますがそんなものでは片付かず、最後の最後まで油断できない重厚なストーリーと生々しい人間描写で、読後1週間は「コオリオニ」の世界から抜け出せないようなものすごい作品でした。

 

 以下ネタバレを含みます。

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

 

 “ヤバい男達が組んだ"

1990年代、北海道――…全国を震撼させる警察の不祥事が幕を開ける。

1990年代、警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始める。全国の警察は厳しいノルマを設けられ、それをこなす為に警察がヤクザと手を組むという点数稼ぎのデキレースが横行した。そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔(きど けいすけ)はいた。彼は何人もの犯罪者を情報提供者として飼い、北海道警察の中で一際多くの拳銃を"摘発"していった。そして彼は自分の運命である誠凛会(せいりんかい)の幹部・八敷 翔(やしき しょう)に出逢ってしまう。より大きい山を当てるために鬼戸は柏組(かしわぐみ)の武器庫に目を付け、八敷を潜入捜査に誘う。八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組む。二人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。

 

帯にもある「ヤバい男達」というのが刑事の鬼戸(攻)とヤクザの八敷(受)。

冒頭から2人が纏う「ヤバさ」をじわじわ感じながら、薬に暴力に「エンコ詰め」「耳切り落とし」といった血生臭さの漂うストーリーが展開されます。

鬼戸が銃器摘発のノルマのために情報提供を求めて八敷に近づきヤクザとドンパチ...と初っ端からのめり込んでしまう展開で、こういうハードな局面を乗り越えてメイン2人が結ばれハッピーエンド、という話かと思いきや、

本当の「コオリオニ」はここからだった...。

上巻の半分を読み進めた辺りで八敷、鬼戸そしてもうひとり佐伯という3人の「フツウじゃない」男一人ずつに焦点が当たり、それまで見えていた人間像がバラバラと崩れ落ちていく。

 

八敷は幼少期から中学まで自分の父親に犯され、ヤクザになってからも小学生の頃から慕ってきた佐伯という兄貴分の尻拭いで何本も足の指を犠牲にしてきた「苦労人」「かわいそうなお姫様」という印象だったのが、佐伯視点の話が描かれることで全くのお門違いだったということが判明します。

実はその「かわいそうな状況」こそが八敷の望んでいたもので、ヤクザとして器用に立ち回る八敷を見て自分の存在価値を見失っていく佐伯に対し、八敷は佐伯を庇いかわいそうな役を演じることで存在価値や優越感を一挙に得ていた。

哀れまれ、リンチされることを「存在価値」だとする八敷の満たされたい欲求、そして佐伯がそういう自分に気づいていた事を知り、焦りとともに引き金を引いてしまう八敷には目を背けたくなるような人間らしさをひしひしと感じます。

八敷は佐伯を「どうしようもないクズで神」佐伯は八敷を「神の子ドクズ」と称しますが、周囲と同調できず居場所のなかった彼らにとって2人の出会いは互いのクズさを理解した上で神に巡り会えたような気分だったんだろう...

 

そして鬼戸。こちらは強そうな雄み溢れる見た目とは裏腹に下巻で鬼戸圭輔という男の脆さ、根底にあるどうしようもない寂しさが浮き彫りになっていきます。

更に苦しいのは今まで自分をフツウじゃないと自覚しないよう、また悟られないよう異常なまでに他人から「言われた通りに」することを徹底してきたこと。

それなのに、自分が心の奥底で負け組、社会不適合者だとバカにし利用してきた"エス"に「あんたは俺と同じだ」と言われ、激昂し、殺してしまう。

ここで読み手も鬼戸が八敷や佐伯と何ら変わらない「お気の毒様」だったことに気づかされる。

 

八敷は佐伯という神がこの世から消えた今、やっと鬼戸という同士に出会い自分を殺してくれるのではと期待するが、似た者同士は磁石のように引かれ合ってからも不安定で、おぼつかない。

この2人がなかなか幸福に向かって足並みを揃えないのは自分を受け入れてくれない社会で居場所を作ることへの不安とか、また裏切られたり居なくなるかもという不信感とか、そういう幸せになることへの一切の怖れがこびりついているせいに思えて苦しくなります。

明るい終幕が全く想像できずに話が進み、最終的に2人に救いはあるのか?

どこにも居場所のない彼らの止まり木は見つかるのか?

と聞かれたらはっきりと肯定も否定もできませんが、個人的には作者の梶本先生が全てを描ききってくれたお陰でストンと腑に落ちる幕引きでした。

また番外編が衝撃の内容で、これを読むとラストも色んな解釈ができるのかなと思います。

本当に最後まで気が抜けない。

 

ここまでのあらすじだとただただ暗くて重苦しい話のように思えるかもしれませんが、刑事としてヤクザとして生きる鬼戸と八敷はかなりいきいきしており、2人でよろしくやってるところなんかは更にノリノリで楽しいです。

ヤクザがわらわら登場して専門用語も満載なのでヤクザ好きはもちろん、受けがこれでもかというくらい散々いたぶられるのでそういうのがツボな人にはどストライクだと思います。

 

 

コオリオニは以前から気になっていた作品でしたが、電子化されてないので試し読みができず。なので色んな方々の熱烈なレビューを頼りに前情報一切なしで読んだ結果、期待を裏切らないどころかblの常識を覆されました。

今はただ、一体どんな日々を過ごせばこんな漫画が描けるのか、梶本レイカ先生の思考回路はどうなっているのか...それだけが非常に気になります。

バンチで連載中の「悪魔を憐れむ歌」もWebで読んできましたがこちらもまた一癖も二癖もある作品。コミックス発売が楽しみ。

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

 

mominokirin.hatenablog.com

小林有吾「アオアシ」 8巻 感想 サイドバックだからできること

ヒロイン2人の表紙が可愛い8巻の感想。

巻末にアオアシ女子4人(アシト母含む)のユニフォームと練習着姿のイラストがあって、こちらも眼福です。

 

以下ネタバレを含みます。

 

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

 

 ↓全体を通しての感想

mominokirin.hatenablog.com

 

あらすじ

東京都リーグ4連敗中で後がないエスペリオン。

負けているのはFWなのに点が取れない自分の責任だと落ち込む橘。

そこでセレクション、スカウト組4人でお好み焼きを食べに行ったら懐かしい2人に遭遇…からの不穏な空気。

もう負けられない次の試合でアシトがサイドバックとして初めて公式戦出場し、そこでキャプテン義経の超高校級プレー&強烈なキャラを目の当たりにする。

アシトが司令塔としての才能を開花させ始め、初の一勝を収めて歓喜するエスペリオン面々の中でひとり浮かない顔の橘がびっくり発言。

それを聞いたアシトが「武蔵野みにいこう」

という感じでした。

 ・感想

小林先生のブログで8巻のあらすじに「悩む橘」というワードが3回も使われている通り、本当に悩みに悩んでいた。

人一倍責任を感じやすい性格だし、武蔵野から抜けてきたのだから結果を残さねばと焦りもあるんだろう。

今回怪我の調整でBチーム入りした義経のプロ級のボール捌きやスーパープレーに胸をときめかせながら「あんたのプレーに惚れた!あんたになりたい!」というアシトに対して、橘は「こんなこと俺に出来るわけない…」とこうも両者で違いが出るのかという反応だった。

義経曰く自分は誰よりも点を取る自信があるが、それはあくまでも10人の中の1人で、栗林はそうじゃない。

その栗林とアシトが似ているということはアシトにしか出来ない特別な役割があるってことだろうか。

今回アシトが気づき始めていたSBという後ろのポジションだからこそできる、前の選手の「目」になりコーチングしてゴールに導くこと、要は味方に「点を取らせる」ことが関係してきそう。

 

それにしても義経、ちょっとキャラ濃すぎだ。

語尾に~ナリ。とか無表情で何考えてるか分からないところとか、某バスケ漫画の彼を思い出してしまうのは自分だけだろうか…

曲者揃いのエスペリオンをまとめあげているというのにこのぬぼーっとした感じが福田の指揮するチームのキャプテンぽいなあと思う。

今までFWとして点を取ることを第一に考えてサッカーをやってきたアシトはDFの自分に不満を残しながらも試合終盤はまた何か進化の糸口を掴みかけていた。

「フィールドにいる選手全員の位置を把握できる」「選手の次の動きが見える」

というアシトの能力はSBというポジションだからこそ活かせるところがあって、福田がFWから転向させたのも頷ける。

 

「周りを使う」ことを徐々にモノにしているので、司令塔として栗林や義経そして桐木(謎の推し)とAチームで一緒にプレーするのが待ち遠しい限り。

今回も選手の思考や感情が丁寧に描かれていて、1人1人の動きが良く分かる試合内容とアシトの進化が鳥肌が立つほど面白かった。

 

次の9巻は橘総一朗の復活と覚醒に期待。

 

アオアシ(10) (ビッグコミックス)
 

mominokirin.hatenablog.com

河原和音「先生!」感想 素晴らしい当て馬がいた

JKと先生の卒業までの恋愛を描いた少女漫画。

理想の先生×生徒漫画過ぎて興奮気味に読んでいたら文庫版の終盤で突如とんでもない当て馬が出てきて、ちょっと自分の中で処理が追いつかないほどの良キャラだった...。

 

 

以下ネタバレ含みます。

 

 島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

先生こと伊藤貢作は黒髪+メガネ+高身長で煙草の似合う25歳。

女子に「あなたの思う理想の先生像は?」とアンケートをとって集計結果を全て取り入れたんじゃないかと思うくらい素敵で、1ページ1ページが眼福。

基本女子...というか人にあまり興味がなさそうに見えるのに意外と生徒思いだったり、ヒロインの響のことになると教師という立場を押して大胆な行動に出がちなのもまた良い。

響と先生がくっついたり離れたりしながら話が進み、9巻でこの理想の塊伊藤先生に引けをとらないとある当て馬がに登場する。

彼こそ響が弓道部関係で知り合う爽やかイケメン藤岡勇輔で、歴史好きで妙に浮世離れした高校生らしからぬ雰囲気漂うところが伊藤先生と瓜二つ。

響が思いがけず藤岡という「高校生版伊藤先生」に出会うことで、今まで人目を気にして響に彼氏らしいことをしてやれず負い目を感じていた先生は響との関係を終わらせた方が良いんじゃないか...という思考になっていく。

先生自身も藤岡と関わりを持つうちに学生時代の自分と重なるところがあり、今の自分の代わりになってくれるのでは...と期待するのに十分な存在だった。

先生は響に

少し離れてお前が自由に考える時間をあげたい

俺以外のいろんな可能性を考えてほしいんだ

と藤岡のことを仄めかし、

響のことが気になっていた藤岡は

先生が言ったことの意味は俺が教えてあげられるかもしれないから

と響に告白する。

傷心の上ますます混乱する響に返事を迫ったり好意を押し付けてきたりせず、ただただ寄り添い普通の友達のように振舞う藤岡に、先生と似た優しさを感じる響。

自分の好きな人の好きだったところが似ている藤岡を、少しずつ気になり始める。

藤岡と付き合えば響が求めていたものをくれるし、周りにバレて咎められることもない...

だが「手 つなごうか。」と差し伸べられた手に一瞬迷うも、先生との思い出が逡巡し、響は応じる事ができなかった。

それに対して藤岡は引き潮のように静かに身を引いて響の背中を押す...。

最後まで優しさしかない。

 

別れたあとに響との関係を振り返って藤岡が打ち明ける

最後までどこか冷静だったんだ

感情に流されて状況を見失うほどの熱がなかったんだ

という事実が本当に切なくて、あまりに熱とか人間らしさを感じさせない人だったので少し安心もした。

先生は響が欲しいものをあげられないからと身を引き、響は先生と繋がりのなくなった毎日が辛すぎて心ここにあらず...じゃあ自分はどうすることが2人にとって一番良いのか?と藤岡は常に冷静に行動を選択してきた。

そういう自分と、響や先生との温度差に気がついてしまったら、もう2人の間に割って入っていくことはできなかったんだろう。

 

終始「先生が響にあげたかった幸せ」のために動くのは響が大切だからというのも勿論あるけれど、それよりも「先生の代わり」になろうという意識の方が高かっただろうし、人の気持ちを常に優先する人だから響に幸せをあげられないと悩む先生のことも何とかしてあげたい感情がきっとどこかにあったはずで…

彼の言動を振り返れば振り返るほど聖人すぎて苦しくなる。

 

そして先生と一緒にいられなくなってボロボロの響にただ一言、「一緒にいよう」と言ってのける藤岡の寛大さ。

好きな女子がフリーになった隙に付け入ろうとか、いつまでも落ち込んでないでいい加減俺の方も見ろとかそういう感情が生まれて当然の場面で、そういう我欲を最後まで一切見せなかった。

正直彼はヒロインとキスどころか手すら繋がないので当て馬としての存在感は薄いかもしれないが、自分の中で藤岡勇輔という人物の存在は強烈に印象に残り、ラストまで引きずるほどだった。

番外編を読める機会があれば是が非でも藤岡が恋に溺れて盲目的になる姿が見てみたい。

因みに最終巻の番外編では伊藤先生の学生時代の話があり、まだ眼鏡をかけていない14歳の天使が拝める。

小林有吾 「アオアシ」が超面白いので本当におすすめしたい

マンガ大賞2017にノミネートされているサッカー漫画、アオアシ

昨年マンガワンでとりあえず内容把握だけでもと思い読み始めると、もう1話の時点であまりの面白さに圧倒され、時間を忘れて夢中で読み進め、単行本でいう3巻に差し掛かったところで号泣…。

サッカーなんて全く知らないのにこれは久々に熱くなれそうな漫画に出会えたと興奮で鼻息を荒くしながら本屋に走り全巻揃えました。

 

 

以下ネタバレ注意

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

 

 

あらすじ

簡潔にいうとサッカーの強豪校でもなんでもない愛媛のごく普通の一般中学に通う青井葦人(アシト)がサッカーのユースチームに入ることになり、プロ目指して奮闘する話。

このユースが舞台になっているところがスポーツ漫画として斬新で作品を盛り上げている要素だと思います。

普通のスポーツ漫画ならば数巻進めば大抵ライバル校の一つや二つ出てくるのに、アオアシは8巻時点でそれが全くなく、ほとんどのサッカー描写がユースでの練習風景。

チーム内の練習を見せられているだけで果たして面白いのか?と思いきや、手に汗握るほどの緊張感とアシトの成長によりサッカーがどんどん広がっていく高揚感、そして話が散らばらないお陰でサッカー描写的にもストーリー的にも抜群に読みやすい。

スポーツ漫画でメインキャラの特徴や設定などの全体像がよく掴めきれていない内にライバルチームがわらわら出てきてしまうと、正直キャラの把握で精一杯だったり、もっと主人公やその周りを深く掘り下げて欲しいことが多いので、アオアシのようにアシトを軸として話が展開され目標達成のために課題を1つ1つクリアしていく流れは感情移入がしやすいし、単純に内容が分かり易いです。

 

サッカー知らなくても全然OK

アオアシを推しておきながら実のところサッカーの知識は皆無なので、今まで別のサッカー漫画を読んでも試合でキャラがどういう動きをしてどういう経緯があって得点につながったのかというのは「ん?」と疑問に思った部分があっても仕方なく読み流していました。

でもこのアオアシは試合ですべて「何をやっているのか分かる」のがすごい。

というのも得点する場面より「ゴールまでの課程」が重視されており、広いフィールドでのスペースの使い方やボールを持っていない選手の動きが丁寧に描かれるのでゴールのシーンが切り取られないのと、サッカーの様式美を感じられるような頭脳プレーが多いからだと思います。

サッカーの試合ではそうそう点が入るものではないのでついゴール場面に目が行きがちですが、そもそもあの広いフィールドでディフェンスを躱してシュートチャンスを作り出すことって本当にものすごい事なんだなあと素人ながら感じました。

それと選手達がサッカーをしている時もそうでない時も、とにかく四六時中「考える」ことがある意味試合の展開を選手が直接解説してくれるようで、手に取るように選手の動きが分かります。

各所で多く見かける「サッカーに対する知識や興味がなかったが抜群に面白かった」というレビューをいつも大きく頷きながら読んでます。

そしてこの頭脳プレーをより面白くしているのが、未だ本人も気がついていないアシトのある「天賦の才能」によるもの...。

この才能を買われてアシトはユース入りしますが、話が進むごとに能力が開花し覚醒に向かっていく様は鳥肌ものです。

 

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

 

キャラクターについて

ユースって結局は強い選手の寄せ集めで苦労知らずなのでは…となんとなく思ってましたが、1人残らず「絶対プロになる」という明確な目標を持って入団しているので、楽しくサッカーなんて考えの者はおらずみんな必死です。

当たり前ですがユース生はサッカーが元々抜きん出て上手いのでそれぞれ自分のサッカーに自信があって、我が強い。

アシトの所属するエスペリオンユースはジュニアユース(中学)からの昇格生が多いので、幼少の頃からサッカーの基礎やチーム戦略が叩き込まれていますが、もちろんアシトはそんな事は教わってこなかったのでユースに入ってからも何度も挫折を繰り返します。

こういう今までサッカーをやってきた「環境の違い」から、ジュニアユースのいわゆるアカデミー育ちと葦人のようなセレクション合格やスカウトで外から入団してきた者とがまあ噛み合わず、はじめは意思の疎通が全くできない。

そんな状況を打破するべく葦人が自分に何が足りないのかを試合中考えに考え立て直すまでの流れが5巻~6巻で描かれていて…

このシーン、最近スポーツ漫画からめっきり遠ざかっていた自分にまたあの快感を教えてくれました。

脇キャラではアシト母とお兄ちゃんもすごくいい味出してます。

アオアシに良い味出してないキャラなんていないんですけど...

最初に書いた号泣の原因も男前な母ちゃんで、葦人が上京する電車のシーンは原作者小林先生の実話が混じっているとか...一見あったかくて優しいザ・母親じゃないところが余計に泣かされます...

葦人属するエスペリオンの成長、Wヒロインとの恋の行方など続きが気になる要素満載で楽しみです。

 

色々書きましたが一言でいうと、アオアシ超面白い。

毎週読んでてつなぎとか箸休め回がない。全話面白い。

 

マンガ大賞とってほしいな。

追記:マンガ大賞4位おめでとうございます!

 

mominokirin.hatenablog.com