鹿のいほり

漫画の感想など

米代恭「あげくの果てのカノン」 1・2巻 感想

不倫もSFも普段自分から手を出さないジャンルなのに「SF×不倫」と書かれた帯を見たら無性に内容が気になり…。

読みだすとすぐに作中の世界観にどっぷりハマり、「恋」することの狂気をキャラクターひとりひとりが訴えかけてくるような深い作品でした。

 

 

以下ネタバレ含みます。

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

 

 

ゼリー(エイリアン)襲来によって 都市機能を失った東京・永田町。
高月かのん(23歳)は、高校時代から8年間、
一方的に大好きな境先輩への片想いをこじらせ、
崇拝の域に達している。
先輩以外を好きになったことがない高月にとって、
先輩との時間は、初めてのことだらけ。
触ること、見つめること、そして…
でも、いけない。
この「恋」を進めると、「罰」を受ける。
だって、先輩は他の人のもので、この世界のヒーローだから。

 

 主人公のかのんは高校の先輩の境宗介を好きすぎるあまり盗撮写真をスクラップしたり会えた日には声を録音して、それを家で一人で再生しては涙を滲ませるようなメンヘラ女子。

境先輩を崇拝しすぎて完全に一線を越えているかのんの行動や思考が恥ずかしいくらいリアルに描かれていて、彼女のストーカー行為に「引く」というよりは「共感」の方が大きい。

人を好きになると誰しも傍から見たら危ない行動をとってたりするんだろうなと。

 

かのんのいる世界では「ゼリー」と呼ばれるエイリアンが襲来し、これと戦闘するのが境先輩が所属する特殊部隊SLC。この戦闘で負傷しても「修繕」をすると腕がもげようが頭の一部が吹き飛ぼうが綺麗に元通りになるという仕組みがあり、付随するリスクとして本人の人格そのものが少しずつ変化していきます。

肉嫌いだったはずの境先輩が目の前で平然とハンバーガーを貪り、あったはずのホクロがなくなり、性格も以前と比べて妙に強引で積極的になっている...

かのんにとって自分の全てでいつでも自分の理想で有り続けてきた先輩が修繕の度にどんどん知らない人になっていくのは言い知れぬ怖さがあります。

 

宗介の妻である初穂はかのんとの逢引きを知って黙っているような女ではなく、美人で頭も良く宗介と同じSLCの研究者として活躍するいわゆる「デキる女」。

かのんから着信がきたスマホをコーヒーにミルクを入れるがごとく味噌汁にin...するようなかなりの冷酷さなのに、過去回想では今のかのんのように宗介の言葉に一喜一憂する姿が描かれる。

初穂は宗介に釣り合う女になるために「変わって」きたのに、彼は変わる前の自分のような女を好きだと言い、自身は変化する宗介を吐き気がするほど許せない。

かのんは高校時代からずっと変わらない先輩を追い続け、宗介はかのんの自分に対する変わらない好意に「変わっていない自分」を見つけて安心し、初穂は宗介の変化を止めようとしている。

人も感情もずっと同じであり続けることなんてできないのに、それでも不変を追い求める彼らの行き着く先はどこなんだろう...

 

この作品が不倫漫画なのにそんなにドロドロ重たくないのはSF設定が絶妙にストーリーに練りこまれているのは勿論、かのんが初穂から先輩を略奪したいとか関係を壊したいとかそういう感情が弱く、「ただただ先輩がどうしようもなく好き」という純粋な気持ちが強く押し出されているからだと思います。

 

かのんビジョンで読んでいるせいか堺先輩は血だらけでも顔に大きな傷跡が縦断していても素敵で、この顔の傷をかのんが指でゆっくり辿るシーンは思わず息を飲みました。

「私は今、神様に触れている」と幸せを噛み締めるかのんがこれ以上変わっていく先輩に対してどうなってしまうのか...

変化していく様をこれだけ「怖い」と感じる漫画は初めてです。

 

「SF×不倫」、期待を良い意味で裏切られた異色の面白さでした。

 

↓3巻感想

mominokirin.hatenablog.com

おとこのことおんなのこ

おとこのことおんなのこ

 

「コオリオニ」 梶本レイカ 感想 すごいの一言しかない

すごい漫画に出会ってしまった...

読後は体に力が入らずしばし放心状態…

サスペンスbl漫画と謳われていますがそんなものでは片付かず、最後の最後まで油断できない重厚なストーリーと生々しい人間描写で、読後1週間は「コオリオニ」の世界から抜け出せないようなものすごい作品でした。

 

 

 以下ネタバレ含みます

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

 

 

 “ヤバい男達が組んだ"

1990年代、北海道――…全国を震撼させる警察の不祥事が幕を開ける。

1990年代、警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始める。全国の警察は厳しいノルマを設けられ、それをこなす為に警察がヤクザと手を組むという点数稼ぎのデキレースが横行した。そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔(きど けいすけ)はいた。彼は何人もの犯罪者を情報提供者として飼い、北海道警察の中で一際多くの拳銃を"摘発"していった。そして彼は自分の運命である誠凛会(せいりんかい)の幹部・八敷 翔(やしき しょう)に出逢ってしまう。より大きい山を当てるために鬼戸は柏組(かしわぐみ)の武器庫に目を付け、八敷を潜入捜査に誘う。八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組む。二人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。

 

帯にもある「ヤバい男達」というのが刑事の鬼戸(攻)とヤクザの八敷(受)。

 冒頭から2人が纏う「ヤバさ」をじわじわ感じながら、薬に暴力に「エンコ詰め」「耳切り落とし」といった血生臭さの漂うストーリーが展開されます。

鬼戸が銃器摘発のノルマのために情報提供を求めて八敷に近づきヤクザとドンパチする流れですが、かなり濃密で読ませる内容になっているので正直こういうハードな局面を乗り越えてメイン2人が結ばれてハッピーエンド、という話でも十分面白い。

しかし本当の「コオリオニ」はここからだった...

上巻の半分を読み進めた辺りで八敷、鬼戸そしてもうひとり佐伯という3人の「フツウじゃない」男がそれぞれクローズアップされ、それまで見えていた人間像がバラバラと崩れ落ちます。

 

八敷は幼少期から中学まで自分の父親に犯され、ヤクザになってからも小学生の頃から慕ってきた佐伯という兄貴分の尻拭いで何本も足の指を犠牲にしてきた「苦労人」「かわいそうなお姫様」という印象だったのが、佐伯視点の話が描かれることで全くのお門違いだったということが判明します。

実はその「かわいそうな状況」こそが八敷の望んでいたもので、ヤクザとして器用に立ち回る八敷を見てどんどん自分の存在価値を見失っていく佐伯に対し、八敷は佐伯を庇いかわいそうな役を演じることで存在価値や優越感を一挙に得ていた。

哀れまれ、リンチされることを「存在価値」だとする八敷の満たされたい欲求、そして佐伯がそういう自分に気づいていた事を知り、焦りとともに引き金を引いてしまう八敷には目を背けたくなるような人間らしさをひしひしと感じます。

八敷は佐伯を「どうしようもないクズで神」佐伯は八敷を「神の子ドクズ」と称しますが、周囲と同調できず居場所のなかった彼らにとって2人の出会いは互いのクズさを理解した上で神に巡り会えたような気分だったんだろう...

 

そして鬼戸。こちらは強そうな雄み溢れる見た目とは裏腹に下巻で鬼戸圭輔という男の脆さ、根底にあるどうしようもない寂しさが浮き彫りになっていきます。

更に苦しいのは今まで自分をフツウじゃないと自覚しないよう、また悟られないよう異常なまでに他人から「言われた通りに」することを徹底してきたこと。

それなのに、自分が心の奥底で負け組、社会不適合者だとバカにし利用してきたエスに「あんたは俺と同じだ」と言われ、激昂し、そして殺してしまう。

ここで読み手も鬼戸が八敷や佐伯と何ら変わらない「お気の毒様」だったことに気づかされる。

 

八敷は佐伯という神がこの世から消えた今、やっと鬼戸という同士に出会い自分を殺してくれるのではないかと期待して近づきますが、似た者同士は磁石のように引かれ合ってからも不安定で、おぼつかない。

このカップルがなかなか幸せになろうと足並みを揃えないのは自分を受け入れない社会で居場所を作ることへの不安とか、裏切られるかも居なくなるかもという不信感とか、そういう幸せになることへの一切の怖れがこびりついているせいかなと想像して胸が苦しくなります。

明るい終幕が全くイメージできずに話が進み、最終的に2人に救いはあるのか?どこにも居場所のない彼らの止まり木は見つかるのか?と聞かれたらはっきりと肯定も否定もできませんが、個人的には作者の梶本先生が全てを描ききってくれたお陰でストンと腑に落ちる幕引きでした。

また番外編が衝撃の内容で、これを読むとラストも色んな解釈ができるのかなと思います。本当に最後まで気が抜けない。

 

ここまでのあらすじだとただただ暗くて重苦しい話のように思えるかもしれませんが、刑事としてヤクザとして生きる鬼戸と八敷はかなりいきいきしており、2人でよろしくやってるところなんかは更にノリノリで楽しいです。

ヤクザがわらわら登場してそういう用語も満載なのでヤクザ好きはもちろん、受けがこれでもかというくらい散々いたぶられるのでそういうのがツボな人にはどストライクだと思います。

 

 

コオリオニは以前から気になっていたんですが、電子化されていないので試し読みができず。なので色んな方々の熱烈なレビューを頼りに前情報一切なしで読んだ結果、期待を裏切らないどころかblの常識を覆されました。

今はただ、一体どこ取材に行けばこんな漫画が描けるのか、梶本レイカ先生の思考回路はどうなっているのか...それだけが非常に気になります。

バンチで連載中の「悪魔を憐れむ歌」もWebで読んできましたがこちらもまた一癖も二癖もある作品。コミックス発売が楽しみ。

mominokirin.hatenablog.com

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

 

鬼平9話 感想

 

今回は過去回ということでポニテの平蔵が再び登場、

彼に「あの人がいなかったら今の自分はなかった」と言わしめる、平蔵にとって大恩人とも言える人の話でした。

 

今でこそ鬼の平蔵と呼ばれて貫禄たっぷりですが昔は酒に女に博打...とかなり遊んでたんですね。

今まで遊びに興味ナシ描写が多かったのでなんだか安心。

若い頃は生い立ちのせいでヤケになってた部分もあったようですが。

 

松岡は実は盗人で素性を明かすことができないから道場にも長く居られなかったと。

おまさの父が言っていたように根は腐ってない真っ直ぐなひとなんでしょうね。

「根がまっすぐな奴は悪事に染めた手をもっと汚ねえ悪事で洗い流そうとするんだ。そしてどんどん引けなくなって…」

まさにこの成れの果てが今の松岡なんでしょう。やめようにもやめられなくなっちゃったんでしょうね。

だからこそ自分と同じ妾の子という境遇や性格がよく似ている平蔵に「遊ぶのも結構だが師匠に迷惑はかけるな」と釘をさしていたと。

涙ながらに平蔵にお前は俺みたいになるなと訴える姿は感動でした。

 

 

平蔵にとって剣を振るうことはただの鬱憤晴らしだったというので、道を間違っていたらもしかするととんでもない悪党になっていた可能性も...

あの時期に松岡が来てくれたのは不思議な巡り合わせとしか言い様がないですね。

 

松岡の境遇を聞いて改心した平蔵が「俺は生まれ変わった!」と自分の息子である辰蔵とまったく同じセリフを言っていてフフっとなってしまいました。

鬼平はこういう笑いを毎回くれるところが本当に好きです。

 

 

mominokirin.hatenablog.com

 

鬼平 8話 白米が食べたくなるアニメ

鬼平8話「大川の隠居」。

今回は思わずニヤリとしてしまう回でした。

 

以下ネタバレ注意

 

 あらすじ

火付盗賊改方長官の屋敷に命知らずな盗賊が入る。

風邪で意識が朦朧としていた平蔵は父親の形見である銀煙管を盗まれてしまうが、大川の船で件の煙管をくゆらせる老いた船頭に出会う。平蔵が粂八に探りを入れさせると、なんとその船頭は以前粂八とともに盗みをはたらいていた盗賊仲間だった。

 

感想

平蔵が粂八に一芝居打たせてまんまと煙管を取り返しましたね。

大切な父親の形見なんだから目くじら立てて罰を与えてもおかしくないのに、「遊び事」と称して自分も今の状況を楽しんでしまうという平蔵の懐の深さ。

そして粂八の昔馴染みということもちゃんと考えて気持ちを汲んでやる優しさ。

間違いなく自分の中の上司にしたいアニメキャラ1位です...

盗んだ方もこれは鬼平には敵わないと二度と屋敷に忍び込むなんてことはしないでしょう。

タイトルの大川の隠居の「隠居」とは川の主のことも指していたんですね。

友五郎と同じ歳くらいで若いころからなじみがあるという一人と一匹の隠居。

今回はつい昔の悪癖が出てしまった友五郎でしたが、今度こそ本格的に隠居してほしいものです。

 

 
飯テロがやばい...

このアニメちょくちょく食事シーンが出てきますが、これがもう本当に美味しそう。

今回は風邪をひいた平蔵のために奥さんがお粥を持ってきてくれました。

このお米が光るお粥に刻んだネギがちまっと乗っていて…

付け合せの漬物とゆで卵がもうそれはそれはご飯に合うんだろうなあとヨダレが出そうでした。

このアニメ見てると白ごはん最強だなあと思います。

食生活を和食中心に切り替えたい人は鬼平を観たらいいと思います。

面白いし健康になれるし一石二鳥!

 

次回も楽しみです。

 

 

mominokirin.hatenablog.com

 

アニメ「鬼平」公式設定資料集【文春e-Books】

アニメ「鬼平」公式設定資料集【文春e-Books】

 

河原和音 「素敵な彼氏」 3巻 感想 付き合うふりからのカップル成立率は100%

「来るもの拒まず去る者追わず」な塩顔イケメン×「素敵な彼氏」を夢みる天然女子のラブコメディー。3巻読みました。

 

ついに桐山くんのことが好きだという気持ちを自覚したののかでしたが、彼の方は自分のことをなんとも思っていなかったと悟り、泣き出してしまったところを「気がすむまで泣いて」と奨平くんが抱きしめたところが2巻のラストでした。

 

以下ネタバレ注意

 

 

素敵な彼氏 3 (マーガレットコミックス)

素敵な彼氏 3 (マーガレットコミックス)

 

 

 ・あらすじ

桐山くんの一挙一動に舞い上がっていたのは自分だけだったんだ...と落ち込むののか。

一方奨平くんのほうも最近失恋をしたらしく、ひょんなことから2人は宿泊研修の間だけ付き合っているフリをすることに。

さわやかイケメンで話しやすい奨平くんに少し気持ちが揺らぐののかでしたが、結局自分の本当の気持ちに気づき、ついに桐山くんに思いを伝える決断をします。

「話がある」と言い覚悟を決めて桐山くんの家に向かいますが、そこにはなんと彼の元いいなづけが...2人の親しい様子に、ののかは告白をやめてしまいます。

その後桐山くんが「あの時の話ってなに?今から会えない?」と夜ラインでののかを呼び出すところで次回...という流れでした。

 

偽装カップルで宿泊研修

奨平くんと付き合っているという設定で過ごす宿研ですが、中庭のベンチで2人で話したり登山で足をくじいてしまったののかをおんぶしたり...もう普通のカップルにしか見えません。

あのクールな桐山くんがちょっと怒ってる?ような素振りまで見せて分かりづらいけど完全に嫉妬してました。

その後も偽装カップルのイチャつく姿を目の当たりにし、ついに嫉妬を通り越して寝込んでしまう始末

お願いだからクールキメてないで告白して...

 

そんな中ののかが山の中にひとり置き去りにされ、もちろん探しに行くのは桐山くん。

ここで...1巻ぶりの...キス...!..in洞窟。

改めてあまりのアップに耐えられるイケメンぶりにめちゃくちゃドキドキしました。

 

元いいなづけ

新キャラの桐山くんの元いいなづけ真央。自分のこと名前で呼んじゃう系女子。

これは清々しいほどに読者の大半から嫌われるタイプだ...。

直接ののかに「直也と付き合うつもりだから邪魔しないで」と宣戦布告してきますが、ちょっとここで聞き捨てならないセリフが...

「直也いま彼女いないんでしょ?そういう時は付き合ってくれるもん」て...

これ今まで何回もくっついて離れてしてますねこの2人。

桐山くん、NOといえる勇気を持って...

まあののかと出会うまで恋愛に関してフワフワしてた男が初めて本気で人を好きになるよって話だと思うので、この辺は目を瞑ろう...

4巻は真央の話がメインになって来るのかな。

 

今回は間の悪さが目立ちました。偽装カップルが抱き合っているところを振り返った桐山くんが目撃したり、ののかが告白しようとしたら元いいなづけに遭遇したり。

読者的には間が良いともいえるのかもしれませんが。

真央に「タイミングが合わない人とはずっと合わないよ」と言われて桐山くんもちょっと考え込むような感じでしばらく引いちゃうのかなあと思いきや、後半彼にしてはかなり積極的でした。

ののかの偽装彼氏である奨平くんはサッカーの試合でかっこいいところを見せたりおんぶで山登って男らしさを見せてましたが、結局ののかの中では「全然嫌いじゃない」止まりでした。

でもこういう付き合うフリをする展開ってどちらか一方が罪悪感を感じたり悶々として話が暗くなりがちですが、ののかは桐山くんのことを気にしつつも奨平くんとのお付き合いを単純に楽しんでる感じがして良かったです。

あれだけ彼氏を欲しがっていたわけだし、仮にも初めての彼氏と宿泊研修でしかもカップルイベント満載だったら当たり前にドキドキするよなあと素直に共感しました。

 

素敵な彼氏は桐山くんの元カノがもうすでに2人も出てきて今回奨平くんという当て馬的存在も登場し、少女漫画の展開としてはちょっと早いかなと思うんですが...そんなに長期連載にはならないんだろうか。

桐山くんとののかをもっと見ていられることを願うばかりです。

 

mominokirin.hatenablog.com

先生! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
 

mominokirin.hatenablog.com

Amazonアソシエイト

 

当ブログ「鹿のいほり」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

よろしくお願いします。

「ダブルミンツ」 中村明日美子 感想 2人のみつお。同じ名前が持つ魅力。

 映画が2017年初夏公開と聞きやっとこさ読みました。

それにしても最近BL映画化多いなあ。

まあそれだけ作品の数自体が増えたし、中身もしっかり詰まった作品がたくさんあるって事ですね。

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

 

このダブルミンツという作品はかなり前から読みたいリストに入れてた作品で、ああ自分これ絶対好きなやつだなと思ってたんです。

中村明日美子先生といえばBLの教科書と言われることも多い「同級生」シリーズがその界隈ではあまりにも有名。

自分はこの作品を読んだときに「面白い、面白いんだけどこの作家さんの耽美な絵と映画のような話の構成力でもっと重苦しくてぐちゃぐちゃどろどろしたBLも読んでみたい…!」と思ってしまい。

どうやらこのダブルミンツがその究極の理想形のようだぞ…とレビューを色々調べてみると

「同級生シリーズの爽やかな雰囲気が好きだったのでこちらは無理だった」

とか

「重い。痛い。登場人物がクズ。」

といったものが多く、逆にかなり興味をそそられました。

 

読んでみた結果、自分の思っていた数倍重く、痛々しく、美しい作品で、まさにこれを探していたんだ…!という感じでした。

 

 

以下ネタバレ注意

 

 あらすじ

メインの2人は同じ名前のミツオ(攻)とみつお(受)。

この攻めの方が、高校時代みつおにカツアゲはされるわ素っ裸に剥かれて体育倉庫に閉じ込められるわ度の過ぎたイジメのような事をされていたんですね。

おまけに中2から付き合っていた彼女を寝取られます。

この時点でもう最高にクズい…のに、そんな最低なことをするみつおがただただ綺麗にみえて仕方がないミツオ。

怒るどころか、さっきまでみつおと寝ていた彼女を今度は自分が抱き、彼女に残るみつおの跡を探し、辿るという…清々しい変態っぷり。

数年ぶりにみつおから「女を殺した」という電話がかかってきて、卒業以来会っていなかった2人はそこからまた関わりを持ち始めます。

この、女を殺したという罪を背負って生きていくみたいな話かなと想像してたんですが…この後にもヤクザ絡みの生きるか死ぬかみたいなそれはもうヘビーなことがてんこもりでした。

 

ページに見とれる美しさ

やっぱりあの素敵な絵で男性の身体を熟れた果物のように描いているので、手足の骨ばった感じとか腰の曲線なんかが見とれるほど綺麗だった…

受けが足が冷えたからあたためろと言い、攻めが足先を丁寧に舌で舐めるシーンがあるんですけど…めちゃくちゃドキドキしますここ…!

こういう描写は中村先生じゃないとここまで魅力的に描けないだろうなあと思います。

2人の関係性の変化も面白いです。

ミツオは首尾一貫して熱のこもった目でみつおを見ているけれど、みつおの方は別に何とも思ってないよね?という風に途中までは思ってたんです。

でも2人が愛し合うシーンとか過去の事も踏まえて考えると、おそらくみつお側も高校時代からミツオから目が離せなくなっていたのでは…と感じました。

 

ダブルミンツ

ダブルミンツ

 

あとは…なんと言っても「断髪式」のDVDを見るところかな。

みつおはヤクザの犬のような事をしているんですが、そこで過去にヘマをやってケジメつけるために髪を全部刈られて丸坊主にされるんですね。で、おまけに複数人にマワされるのを録画されていて、その映像をミツオが見るんです。

ここ、正直えろすぎて息を飲みました…

なんだこの芸術作品は…さすが中村明日美子神だ…

もうただただ美しさに目を奪われました。

必見シーンです。

 

まとめ

作中で「好き」とかそういう甘ったるい台詞は一言もないけど、自分を簡単に犠牲にできるくらい互いが互いのことをどうしようもなく大事に思っていることが伝わってきます。

ラストも綺麗に終わってましたし、2人の後日談が描かれている「雨」という話も収録されていて、そこでもさらに2人の絆が垣間見られました。

 

あとがきで中村明日美子先生が

「名前が同じという事は正体が同じであるとも言える。つまり同じ人間であるのではないか」

というふうに書かれていた。

作中で「2人は元々2人で1人の人間で、それを半分に切り離されてバラバラの人間になったんだよ。」

とミツオが話す場面がありますが、なるほど納得できます。

2人が何となく似ているからというのもあるし、私も下の名前が同じだけで「この人とは何か近いものがあるなあ」と感じることが良くあります。

そう考えると、2人がまた再会して遠い異国に2人で逃げることになるのは始めから決まっていたことのような気がしてなりません。

 

中村明日美子先生には同級生のような王道作品もですが、こういう読む人を選ぶ作品もたま~に描いて貰えたら泣いて喜びます。

果たしてこれをどう映像化するのか…不安と期待が半々。

ちょっと間違えると「ふーんそれで?」となってしまうモノになる可能性が…

公開が楽しみです。

 

mominokirin.hatenablog.com