あげくの果てのカノン 4巻 好きな人は"知らない人"になってしまった

こうなることは分かっていたのに...。 日が落ちた表紙に佇むかのんの表情が全てを物語る。 以下4巻ネタバレを含みます。 ↓3巻感想 mominokirin.hatenablog.com あげくの果てのカノン(4) (ビッグコミックス) 先輩は修繕をして変わってしまった。 それも今…

アオアシ 123話

123話「日の丸食堂にて②」 Cカラー栗林単独で雑誌の表紙みたいだ…。近い将来本当に特集組まれたりしそう。 早速遊馬の言葉の意味が分かった。栗林、めちゃくちゃこわい… 今までの描写からしてもっと普通を想像してたというか、気さくな礼儀正しい優等生とい…

アオアシ 122話

122話「日の丸食堂にて①」 平さんも言う通り昇格組は四者四様で面白いなあ。初日の練習を終えて冨樫はついていけない自分にイラつき黒田はただただ落ち込んで、大友は悩みながらも目の前のホカホカ飯を食べ、アシトはワクワクして笑ってる...... はじめての"…

アオアシ 121話

121話「洗礼」 栗林に杏里は説教好きとインプットされてるのか。熱心に練習見てるだけかと思ったけど選手のこと良く見てて詳しいし、いつもこの調子で口出してるのかな。 桐木「ふう…」って。明らかに不満そう。何度もAB入れ替わりがあってその度にレギュラ…

アオアシ 120話

120話「オシム式」 扉絵、これは女子3人のハロウィン衣装なのかな。三者三様で可愛い…いつも女子のセンス溢れる私服は何を参考にされてるんだろう。 素人に親切なオシム式パス回しの解説…ありがたやありがたや。 それにしても奥深しオシム式。これは今までア…

アオアシ 119話

119話「 スタートライン」 Aチームでの初練習。 今までAの選手には練習相手をしてもらってる感覚だったからこうして同じ練習場に入るだけで緊張感が半端ない。 福田もすぐそこに。毎日ゾクゾクするコーチングを受けられるんだな...。栗林目当てのサポーター…

アオアシ 118話

118話 「Aの会合」 きた、Aチーム編。 ベトナムまでトップ帯同している栗林に福田からユースに1度戻れとのお達しが出る。ユースに帰ってきた栗林と義経たちAチーム豪華メンツでの「会合」。今までほとんど台詞のなかった人達が喋ってる…会話してる… 桐木は発…

アオアシ 117話

117話 「RAIN」 雨、自転車、土手、男子を抱きしめる女子…青春だ…よく見ると若干背伸びしてるのかわいすぎる…。 「冗談、冗談!」とごまかす辺り花らしいけど、そのあと寮に来たことすら忘れる動揺っぷりを見ると後のこと全く考えずに反射で思わず…って感じ…

アオアシ 116話

面白すぎて本誌に手を出してしまった...。 116話「礼」 福田からAチーム昇格を告げられ「ついにきたな !」みたいな表情でアシトの肩を抱く橘。頑張るアシトに純粋に憧れたりエゴ剥き出し集団の中で友達の昇格を自分の事のように喜べる橘、優しいなあ…。 昇…

アオアシ 11巻 感想

常々アオアシは今1番面白い漫画だと思ってましたが、11巻は......さらにアオアシの中でもダントツで、この面白さに慣れてしまうのが怖いくらいだった…。 以下ネタバレを含みます アオアシ(11) (ビッグコミックス) 作者: 小林有吾 出版社/メーカー: 小学…

野田サトル「ゴールデンカムイ」11巻 感想 子供は親を選べない

ゴールデンカムイ11巻の感想メモ。 以下ネタバレを含みます。 ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 野田サトル 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/09/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る ・鯉登少尉 ま…

小林有吾「アオアシ」10巻 感想 武蔵野戦~前半終了まで~

武蔵野戦までBチーム内でいざこざがあった分、この10巻で長い冬が終わる兆しが見えてきて興奮の連続だった…。 以下ネタバレを含みます。 ↓9巻感想 mominokirin.hatenablog.com アオアシ(10) (ビッグコミックス) 作者: 小林有吾 出版社/メーカー: 小学館 …

河原和音「素敵な彼氏」4巻 感想

この頃深刻な少女漫画摂取不足でカラカラに干からびていたところ、この素敵な彼氏4巻を読んですっかり水を得た魚状態です...。 以下ネタバレ注意 素敵な彼氏 4 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: 河原和音 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/06/23 …

梶本レイカ「悪魔を憐れむ歌」感想 息切れしながら読みました

コオリオニに続き今回も道警が舞台。 梶本作品の影響で私の中の北海道のイメージがとんでもないことに…。 未だコオリオニの衝撃から抜け出せない自分にとってはなんだか鬼戸や八敷がひょっこり登場するんじゃないかと思わずにはいられませんでした。 今作も…

中村明日美子 「ダブルミンツ」 番外編 感想 耽美なJKに見惚れる

OPERA vol.62に掲載されているダブルミンツの番外編を読んだのでちょろっと感想。 以下ネタバレ注意。 OPERA vol.62 (EDGE COMIX) 作者: 中村明日美子,トウテムポール,柳沢ゆきお,イシノアヤ,新井煮干し子,山田ユギ,日野雄飛,宮沢草有,語シスコ,ニシンマスミ…

「アオアシ」作者・小林有吾先生 サイン会

興奮が冷めやらないうちにレポ… 5月13日、大好きな漫画「アオアシ」の作者・小林有吾先生のサイン会に行きました。 ド田舎者のサイン会初参加ということで色々分からないことをネットで調べ、前日のラジオを聴き士気を高めて横浜へ。 整理券を受け取りに…

小林有吾「アオアシ」 9巻 感想 ちびペリオンが可愛い 武蔵野戦開幕

橘が望コーチに自分を試合に出さないよう直談判したり、冨樫と竹島との確執があったりと不穏な空気が立ち込めはじめていた8巻。 9巻はそんな雰囲気が続きつつも、Bチームメンバーの過去編を通して一人ひとりが精神的に大きな動きのある巻でした。 以下ネタバ…

あげくの果てのカノン 3巻 変わっていく人 変わって欲しくない人 変わっても好きな人

3巻も面白さにのめり込んでしまいあっという間に読了。 2巻まではまだ曖昧なところもあった宗介、初穂、そしてかのんの弟ヒロの本音が垣間見え、かのん含め全員が「ゼリー」にずぶずぶと飲み込まれていくような…泥沼展開です。 以下ネタバレを含みます ↓1・2…

米代恭「あげくの果てのカノン」 1・2巻 感想

不倫もSFも普段自分から手を出さないジャンルなのに「SF×不倫」と書かれた帯を見たら無性に内容が気になり…。 読みだすとすぐに作中の世界観にどっぷりハマり、「恋」することの狂気をキャラクターひとりひとりが訴えかけてくるような深い作品でした。 以下…

「コオリオニ」 梶本レイカ 感想 すごいの一言しかない

すごい漫画に出会ってしまった... 読後は体に力が入らずしばし放心状態… サスペンスbl漫画と謳われていますがそんなものでは片付かず、最後の最後まで油断できない重厚なストーリーと生々しい人間描写で、読後1週間は「コオリオニ」の世界から抜け出せないよ…

鬼平9話 感想

今回は過去回ということでポニテの平蔵が再び登場、 彼に「あの人がいなかったら今の自分はなかった」と言わしめる、平蔵にとって大恩人とも言える人の話でした。 鬼平~その男、長谷川平蔵~ [DVD] 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2017…

鬼平 8話 白米が食べたくなるアニメ

鬼平8話「大川の隠居」。 今回は思わずニヤリとしてしまう回でした。 以下ネタバレ注意 鬼平~その男、長谷川平蔵~ [DVD] 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2017/02/22 メディア: DVD この商品を含むブログを見る あらすじ 火付盗賊改方…

河原和音 「素敵な彼氏」 3巻 感想 付き合うふりからのカップル成立率は100%

「来るもの拒まず去る者追わず」な塩顔イケメン×「素敵な彼氏」を夢みる天然女子のラブコメディー。3巻読みました。 ついに桐山くんのことが好きだという気持ちを自覚したののかでしたが、彼の方は自分のことをなんとも思っていなかったと悟り、泣き出してし…

Amazonアソシエイト

当ブログ「鹿のいほり」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 よろしくお願いします。

「ダブルミンツ」 中村明日美子 感想 2人のみつお。同じ名前が持つ魅力。

※bl漫画の感想です。 映画が2017年初夏公開と聞きようやく読みました。 それにしても最近BL映画化多いなあ。 それだけ作品の数自体が増えたし、かつ重厚なストーリーのものがどんどん出てきてるという事だろうか…。 ダブルミンツ (EDGE COMIX) 作者: 中村明…

アニメ「鬼平」が今期1番の面白さ

2017年冬アニメも後半に入ってしまいましたが... 録り溜めた「鬼平」をそういえばまだ見てなかったと思い出して、一気見しました。 …すごい好きなやつでした。 鬼平~その男、長谷川平蔵~ [DVD] 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2017/02…

小林有吾「アオアシ」 8巻 感想 サイドバックだからできること

アオアシ8巻の感想です。 以下ネタバレを含みます。 ↓全体を通しての感想 mominokirin.hatenablog.com アオアシ(8) (ビッグコミックス) 作者: 小林有吾 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/02/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まず…

「先生!」 河原和音 感想 素晴らしい当て馬がいた

JKと先生の卒業までの恋愛を描いた少女漫画。 理想の先生×生徒漫画過ぎて興奮気味に読んでいたら文庫版の終盤で突如とんでもない当て馬が出てきて、ちょっと自分の中で処理が追いつかないほどの良キャラだった...。 以下ネタバレ含みます。 先生! 文庫版 コ…

小林有吾 「アオアシ」の魅力

マンガ大賞2017にノミネートされているサッカー漫画、アオアシ。 昨年マンガワンでとりあえず内容把握だけでもと思い読み始めると、もう1話の時点であまりの面白さに圧倒され、時間を忘れて夢中で読み進め、単行本でいう3巻に差し掛かったところで号泣…。 …