鹿のいほり

漫画の感想など

「アオアシ」 小林有吾 感想 サッカー知らないのに見事にハマりました

マンガ大賞2017にノミネートされているサッカー漫画、アオアシ

昨年マンガワンでとりあえず1話だけでもと思って読み始めてみたら、もう1話の時点でおおっ?と思いもう時間を忘れて夢中で読み進め、単行本でいう3巻に差し掛かったところで号泣…。

これは久々に熱くなれそうな漫画に出会えたと興奮で鼻息を荒くしながら本屋に走り全巻揃えました。

 

 

以下ネタバレ注意

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

 

 

あらすじ

簡潔にいうと際立ってサッカーが強くもない愛媛の一般中学に通う青井葦人(アシト)がサッカーのユースチームに入ることになり、プロ目指して奮闘する話。

このユースが舞台になっているところがスポーツ漫画として斬新で作品を盛り上げている要素だと思います。

普通のスポーツ漫画ならば8巻まで話が進むと大抵ライバル校の一つや二つ出てきますが、アオアシは8巻時点でそれが全くなく、ほとんどのサッカー描写がユースでの練習風景なんです。

チーム内の練習を見せられているだけって果たして面白いのか?と思いきや、緊張感は手に汗握るほどだし、話が散らばらないのでかえって読みやすいです。

 

私はスポーツ漫画を読んでいるとライバルチームが多すぎて正直キャラの把握で精一杯だったり、もっと主人公やそのチームを深く掘り下げて欲しいなあと思うことが多いので、アオアシみたいにアシトを軸として話が展開される漫画は感情移入がしやすいし単純に内容が分かり易いです。

 

 

サッカー知らなくても全然OK

私はアオアシ推しておきながら実のところサッカーの知識は皆無なので、今までほかのサッカー漫画を読んでも試合でキャラがどういう動きをしてどういう経緯で得点につながったのかというのは「ん?」と疑問に思った部分があっても仕方なく読み流していました。

でもアオアシは試合で「何をやっているのか分かる」んですよね。

というのも、得点する場面よりも「ゴールまでの課程」に重きが置かれているので、スペースの使い方やボールを持っていない間の動きがとても丁寧に描かれていて、サッカーの様式美を感じられるような頭を使うプレーが多いからだと思います。

 サッカーってそうそう点が入るものではないのでついゴール場面に目が行きがちですが、そもそもあの広いピッチでディフェンスを躱してシュートを打つチャンスを作り出すことって本当にものすごい事なんだなあと素人ながら感じました。

こういう過程の描写によって、ある意味試合の展開をプレイヤーが直接解説してくれているので手に取るように選手の動きが分かります。

各所で多く見かける「サッカーに対する知識や興味がなかったが抜群に面白かった」というレビューをいつも大きく頷きながら読んでます。

 

そしてこの頭脳プレーをより面白くしているのが、本人も気がついていないアシトのある天賦の才能によるもの...。

この才能を買われてアシトはユース入りします。

話が進むごとにどんどん覚醒して能力が開花していく様は鳥肌ものです。

 

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

アオアシ(4) (ビッグコミックス)

 

キャラクターについて

ユースって...結局は強い子達の寄せ集めで苦労知らずなんでしょ...?

スタイリッシュそう...となんとなく思っていましたが、とんでもない。

プロになるためだけに入団しているので楽しくサッカーなんて考えの者は居らずみんな必死です。

当たり前ですがユース生はサッカーが元々抜きん出てうまいのでそれぞれ自分のサッカーに自信があって、我が強い。

そしてこれまた知らなかったんですが、サッカーにはジュニアユースというものがあるんですね。

アシトの所属するエスペリオンユースもジュニアユースから上がってきた子が多いのでサッカーの基礎やチーム戦略が叩き込まれているんですが、もちろんアシトはそんな事は教わってこなかったのでユースに入ってからも何度も挫折を繰り返します。

こういう今までサッカーをやってきた環境の違いからジュニアユースのいわゆるアカデミー育ちと葦人のようなセレクション合格やスカウトで外から入団してきた者とがまあ噛み合わず、意思の疎通が全くできない。

そんな状況を打破しようと葦人が自分に何が足りてないのかを試合中考えて考えて立て直すまでの流れが5巻~6巻で描かれていて…

このシーン...最近スポーツ漫画からめっきり遠ざかっていた自分にまたあの快感を教えてくれました。

 

脇キャラではアシト母とお兄ちゃんもすごくいい味出してます。

いや、アオアシに良い味出してないキャラなんていないんですけど...

最初に書いた号泣の原因も男前な母ちゃんです。

 葦人が上京する場面は原作者小林先生の実話が混じっているとか...一見あったかくて優しいザ・母親じゃないところが余計に涙を誘うんですよ...

 

葦人属するエスペリオンの成長、Wヒロイン気味の恋の行方など続きが気になる要素満載で楽しみです。

 

 

色々書きましたが一言でいうと、アオアシ超面白い。

毎週読んでてつなぎとか箸休め回がない。全話面白い。

 

マンガ大賞とってほしいな。

追記:マンガ大賞4位おめでとうございます!

 

mominokirin.hatenablog.com