鹿のいほり

漫画の感想など

「先生!」 河原和音 感想 素晴らしい当て馬がいた

JKと先生の卒業までの恋愛を描いた少女漫画。

理想の先生×生徒漫画過ぎて興奮気味に読んでいたら文庫版の終盤で突如とんでもない当て馬が出てきて、ちょっと自分の中で処理が追いつかないほどの良キャラだった...。

 

 

以下ネタバレ含みます。

 

 島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

先生こと伊藤貢作は黒髪+メガネ+高身長で煙草の似合う25歳。

女子に「あなたの思う理想の先生像は?」とアンケートをとって集計結果を全て取り入れたんじゃないかと思うくらい素敵で、1ページ1ページが眼福。

基本女子...というか人にあまり興味がなさそうに見えるのに意外と生徒思いだったり、ヒロインの響のことになると教師という立場を押して大胆な行動に出がちなのもまた良い。

響と先生がくっついたり離れたりしながら話が進み、9巻でこの理想の塊伊藤先生に引けをとらないとある当て馬がに登場する。

彼こそ響が弓道部関係で知り合う爽やかイケメン藤岡勇輔で、歴史好きで妙に浮世離れした高校生らしからぬ雰囲気漂うところが伊藤先生と瓜二つ。

響が思いがけず藤岡という「高校生版伊藤先生」に出会うことで、今まで人目を気にして響に彼氏らしいことをしてやれず負い目を感じていた先生は響との関係を終わらせた方が良いんじゃないか...という思考になっていく。

先生自身も藤岡と関わりを持つうちに学生時代の自分と重なるところがあり、今の自分の代わりになってくれるのでは...と期待するのに十分な存在だった。

先生は響に

少し離れてお前が自由に考える時間をあげたい

俺以外のいろんな可能性を考えてほしいんだ

と藤岡のことを仄めかし、

響のことが気になっていた藤岡は

先生が言ったことの意味は俺が教えてあげられるかもしれないから

と響に告白する。

傷心の上ますます混乱する響に返事を迫ったり好意を押し付けてきたりせず、ただただ寄り添い普通の友達のように振舞う藤岡に、先生と似た優しさを感じる響。

自分の好きな人の好きだったところが似ている藤岡を、少しずつ気になり始める。

藤岡と付き合えば響が求めていたものをくれるし、周りにバレて咎められることもない...

だが「手 つなごうか。」と差し伸べられた手に一瞬迷うも、先生との思い出が逡巡し、響は応じる事ができなかった。

それに対して藤岡は引き潮のように静かに身を引いて響の背中を押す...。

最後まで優しさしかない。

 

別れたあとに響との関係を振り返って藤岡が打ち明ける

最後までどこか冷静だったんだ

感情に流されて状況を見失うほどの熱がなかったんだ

という事実がめちゃくちゃ切なくて、あまりに熱とか人間らしさを感じさせない人だと感じていたので少し安心もした。

先生は響が欲しいものをあげられないからと身を引き、響は先生と繋がりのなくなった毎日が辛すぎて心ここにあらず...じゃあ自分はどうすることが2人にとって一番良いのか?と藤岡は常に自分を保ちながら行動を選択してきた。

そういう自分と、響や先生との温度差に気がついてしまったら、もう2人の間に割って入っていくことはできなかったんだろう。

 

終始「先生が響にあげたかった幸せ」のために動くのは響が大切だからというのも勿論あるけど、それよりも「先生の代わり」になろうという意識の方が誰よりも高かったんじゃないか...と思うし、人の気持ちを常に優先する人だから響に幸せをあげられないと悩む先生のことも何とかしてあげたい感情がきっとどこかにあったはずで...

彼の言動を振り返れば振り返るほど聖人すぎてしんどい。

 

先生と一緒にいられなくなってボロボロの響にただ一言、「一緒にいよう」と言ってのける藤岡の寛大さにやられました。

好きな女子がフリーになった隙に付け入ろうとか、いつまでも落ち込んでないでいい加減俺の方も見ろとかそういう感情が生まれてもおかしくないのに、そういう我欲を最後まで一切見せなかった。

正直彼はヒロインとキスどころか手すら繋がないので当て馬としての存在感は薄いかもしれませんが、自分の中で藤岡勇輔という人間そのものの存在は強烈に印象に残り、ラストまで引きずるほどでした。

番外編を読める機会があれば是が非でも藤岡が恋に溺れに溺れて盲目的になる姿が見てみたい。

あ、最終巻の番外編では本当に伊藤先生の学生時代の話があってびっくりしました。

まだ眼鏡してない14歳の先生...控えめに言って天使だった...