小林有吾「アオアシ」 8巻 感想 サイドバックだからできること

ヒロイン2人の表紙が可愛い8巻の感想。

巻末にアオアシ女子4人(アシト母含む)のユニフォームと練習着姿のイラストがあって、こちらも眼福です。

 

以下ネタバレを含みます。

 

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

アオアシ(8) (ビッグコミックス)

 

 ↓全体を通しての感想

mominokirin.hatenablog.com

 

あらすじ

東京都リーグ4連敗中で後がないエスペリオン。

負けているのはFWなのに点が取れない自分の責任だと落ち込む橘。

そこでセレクション、スカウト組4人でお好み焼きを食べに行ったら懐かしい2人に遭遇…からの不穏な空気。

もう負けられない次の試合でアシトがサイドバックとして初めて公式戦出場し、そこでキャプテン義経の超高校級プレー&強烈なキャラを目の当たりにする。

アシトが司令塔としての才能を開花させ始め、初の一勝を収めて歓喜するエスペリオン面々の中でひとり浮かない顔の橘がびっくり発言。

それを聞いたアシトが「武蔵野みにいこう」

という感じでした。

 ・感想

小林先生のブログで8巻のあらすじに「悩む橘」というワードが3回も使われている通り、本当に悩みに悩んでいた。

人一倍責任を感じやすい性格だし、武蔵野から抜けてきたのだから結果を残さねばと焦りもあるんだろう。

今回怪我の調整でBチーム入りした義経のプロ級のボール捌きやスーパープレーに胸をときめかせながら「あんたのプレーに惚れた!あんたになりたい!」というアシトに対して、橘は「こんなこと俺に出来るわけない…」とこうも両者で違いが出るのかという反応だった。

義経曰く自分は誰よりも点を取る自信があるが、それはあくまでも10人の中の1人で、栗林はそうじゃない。

その栗林とアシトが似ているということはアシトにしか出来ない特別な役割があるってことだろうか。

今回アシトが気づき始めていたSBという後ろのポジションだからこそできる、前の選手の「目」になりコーチングしてゴールに導くこと、要は味方に「点を取らせる」ことが関係してきそう。

 

それにしても義経、ちょっとキャラ濃すぎだ。

語尾に~ナリ。とか無表情で何考えてるか分からないところとか、某バスケ漫画の彼を思い出してしまうのは自分だけだろうか…

曲者揃いのエスペリオンをまとめあげているというのにこのぬぼーっとした感じが福田の指揮するチームのキャプテンぽいなあと思う。

今までFWとして点を取ることを第一に考えてサッカーをやってきたアシトはDFの自分に不満を残しながらも試合終盤はまた何か進化の糸口を掴みかけていた。

「フィールドにいる選手全員の位置を把握できる」「選手の次の動きが見える」

というアシトの能力はSBというポジションだからこそ活かせるところがあって、福田がFWから転向させたのも頷ける。

 

「周りを使う」ことを徐々にモノにしているので、司令塔として栗林や義経そして桐木(謎の推し)とAチームで一緒にプレーするのが待ち遠しい限り。

今回も選手の思考や感情が丁寧に描かれていて、1人1人の動きが良く分かる試合内容とアシトの進化が鳥肌が立つほど面白かった。

 

次の9巻は橘総一朗の復活と覚醒に期待。

 

アオアシ(10) (ビッグコミックス)
 

mominokirin.hatenablog.com