読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿のいほり

多ジャンル漫画・アニメ等のレビューブログ。

アニメ「鬼平」が今期1番の面白さ

2017年冬アニメも後半に入ってしまいましたが...

 

録り溜めた鬼平をそういえばまだ見てなかったと思い出して、一気見しました。

 

…すごい好きなやつでした。

 

 

 

鬼平正直あまり話題になってない…ような気が...

7話を観て泣いたので、気持ちと後半に向けての話の整理をするために感想を書こうと思います。

 

あらすじ

原作は池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」。

江戸時代後期に盗賊たちに「鬼」と恐れられていた男、長谷川平蔵

火付盗賊改方(特別警察のようなもの)である鬼の平蔵が、持ち前の剣術と正義の心で悪を裁いていくという話。

 

 

鬼の平蔵がとにかくカッコイイ

「勇気と人情あふれる人柄で、毅然とした佇まいの中にもどこか色気を感じさせ人を惹きつけるオトナ」と紹介されているまさにその通りの人物。

こんなに色々持ってるってずるいと思うくらい、うわあ~良いオトコってこういうのだよなあとしみじみ。

江戸時代のいわば警察なのでものすごく腕が立つのはもちろんのこと、人としての魅力が溢れてます。

時には盗賊に情けをかけて、盗みをするしかなかった波乱の人生を思い一緒に悲しみに暮れたり、そんな人々を自分の元で働かせて親代わりのような存在になったり。

素っ裸で捕らわれた女性を誰にも姿を見られないように気遣う紳士な面も。

一見完璧なのに普通に怒ったり泣いたりする人間らしいところが素敵。

 

アニメ観ていてこんなに「かっこいい...」を連発したことないくらい、ついつい口をついて出てます。

 

鬼平はこのイケオジ長谷川平蔵が盗賊を叩くというよりは、平蔵を中心とした人間ドラマがメインで描かれてます。

なので話は毎回まったく違った切り口。人の数だけ色んな人生があるんだなあということを思い知らされます。

 

 感動の7話

冒頭で「泣いた」と書いた7話ですが、

この回は幼い頃に継父から虐待を受けていた音松という男の話。

音松は子供の頃に平蔵と出会っており、12歳という若さで路頭に迷い、色々悪事をはたらいた挙句捕らえられて平蔵と再会します。

まだ30にもならない若さにも関わらず「もうくたびれちまったんだよ…」と言い自らの意思で磔を望む姿が、見ていて辛くて辛くて...

最後に平蔵に「何か望みはあるか」と聞かれ、少し躊躇ったあとに「鬼の平蔵にこんなこと頼めないな...」という音松。

でもそこで平蔵が音松の気持ちを汲んで、間髪入れずに黙って抱きしめる...

もうここで涙腺崩壊でした(;_;)

あの瞬間は間違いなくお互いを大切に思い合う「親と子」でした。

 

 

アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】

アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】

 

 

 1話完結で入りやすい

1話で毎回綺麗にまとまっているのも良いです。尺のこととか忘れるくらい、始まった瞬間からスーっと話に入っていけてジーンと心温まったり、切ない気持ちでやるせなくなっている間にいつもあっというまにエンディングです。

モヤっとしたまま、救いのないまま終わる話もあるんですよ。

でも中途半端に話を投げずしっかり最後まで描かれているせいか、自分の中できちんとまとまるし、今回も本当によかったなあという感想しかないんです。

 

一週間に一回こういうアニメがあると、大げさかもしれませんが生活のバランスがとれるというか...

今日は帰って鬼平みてゆっくりしようって思うと気分が落ち着くんですよね。

平蔵は堀内賢雄さんが声を当ててるので、あのオトナの低音ボイスのせいもあるかも。

平蔵にぴったりはまっていて良い上司感がものすごいです。

 

 

鬼平と五葉

私はノイタミナ作品のさらい屋五葉がアニメの中で1、2を争うくらいすごく好きなんですが、鬼平は五葉を見ていたときとなんとなく同じ気分で視聴しているような気がします。

まあ時代が一緒なので当然といえば当然かもしれませんが、あの時代の独特な雰囲気とか男女の艶っぽい関係とか、作品にまとうしっとりした空気感がとても心地がよくて、江戸の酒処に入って「酒とつまみ」って言いたくなります。

 

1話だけ見てみるかくらいの気持ちでまさかこんなにハマるとは...

戦闘シーンもカメラアングルがぐるぐる変わってスピード感あり迫力あり、作画も綺麗です。

シリアスな作品だと受け取られてしまうかもしれませんが、クスクス笑えるシーンだったりギャグもたくさんあります。

 

 

あと6話も観られるなんて幸せしかない...

小説も読んでみようかなあ。

観てない人には本当におすすめしたいアニメです。

 

 

 

mominokirin.hatenablog.com