読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿のいほり

多ジャンル漫画・アニメ等のレビューブログ。

コオリオニ 梶本レイカ 感想 すごいの一言しかない...

漫画

今まで読んできたblが全部生ぬるく感じるほどすごい漫画に出会ってしまった...

読後は体に力が入らずしばし放心状態…

サスペンスbl漫画と謳われていますがそんなものでは片付かない作品でした。

これを読んで上手くまとまった感想なんてまず書けませんが、とりあえず思ったことをつらつらと。

 

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

 

 

 “ヤバい男達が組んだ"

1990年代、北海道――…全国を震撼させる警察の不祥事が幕を開ける。

1990年代、警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始める。全国の警察は厳しいノルマを設けられ、それをこなす為に警察がヤクザと手を組むという点数稼ぎのデキレースが横行した。そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔(きど けいすけ)はいた。彼は何人もの犯罪者を情報提供者として飼い、北海道警察の中で一際多くの拳銃を"摘発"していった。そして彼は自分の運命である誠凛会(せいりんかい)の幹部・八敷 翔(やしき しょう)に出逢ってしまう。より大きい山を当てるために鬼戸は柏組(かしわぐみ)の武器庫に目を付け、八敷を潜入捜査に誘う。八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組む。二人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。

 

コオリオニ 感想 ネタバレ注意

まず刑事の鬼戸。大体の刑事×ヤクザblのようにやんちゃしてるヤクザのなだめ役かと思ったらとんでもない。人はバンバン殺すし生きてて辛そうだし社会に適合しようとして空回っちゃうような足元のおぼつかない人でした。事あるごとに彼女の八敷を殺そうとするので終始ハラハラしてました。

八敷。こちらは普通にヤバイ人でした。ヤクザ連中にもお姫様なんて呼ばれる美女ながらやることは残忍非道、えげつなすぎです。足の指ほとんど切り落とされたりそれを食べさせられたりやられる事もとんでもないですけどね…。

しかもあのキレーな見た目で毛皮着てヒール履いて「キャー」とか言っちゃうんですよ…溢れ出る人妻感…

 

作中でも言われてましたが罪悪感のかけらもなく自分はあくまでもかわいそうな被害者だと思ってるところがちょっとサイコパスっぽいです。

 

 

鬼戸は銃器摘発のノルマのために情報提供を求めて八敷に近づき、八敷は鬼戸が自分を殺してくれるのではないかと期待して近づく。

この2人が腹の探り合いをしながら惹かれ合っていく様に目が離せませんでした。

八敷も鬼戸も幼い頃から家庭環境は最悪。普通というものがわからず、互いに闇を抱えた死にたがりなので仲良くセックスしてると思ったら心の中は憎悪に燃えていたり、次の瞬間殺そうとしていたり...とにかく不安定なカップルです。

次のページで誰が誰を裏切るか、誰がこの世から消えているか全く先が読めないので読んでいてずっとハラハラしっぱなしでした。

正直自分はメインの2人ですら最後の最後まで信用できませんでした...

 

この漫画はスポットが当たる人物によってその人の印象がガラッと変わるところが面白いです。特に好きだったのは佐伯という八敷にとって幼い頃からの兄貴分的な男の過去回想。

それまで八敷が語っていた人物像とはまったく違い、何考えてるか良く分からないただのクズという印象だった佐伯がとんでもなく心の内ではもがいてあがいて苦しんでました。

 

佐伯は、堕ちるところまで堕ちてもそれを誰のせいにもしない。ちゃんと自分で選んだ道だと振り返る冷静さを持っているし、自分の母親に「今日からグレるわ」と宣言してからグレるような男。

でもそんな「意外とフツウ」な自分を思い知るほどうまくヤクザとして立ち回れる八敷との差を感じて自分の存在価値が分からなくなっていく…。

八敷は佐伯の尻拭いをする事で駄目な男の面倒を見つつヤクザという組織の役にも立ち存在価値を一挙に得るんですね。でもそれを見ている佐伯は自分だけ「城の外」に締め出されるようなどうしようもない疎外感を感じてしまう。

自分は幼い頃父親に犯られていた八敷を救ってコオリを溶いたのに、なぜお前は俺をここから救い出してくれないのかと。コオリを溶いてくれないのかと。

普通でもなく異常でもない、それでは自分は一体何者で居場所はどこにあるのかと苦しむ佐伯が本当に辛くて辛くて思わずうるっときてしまいました...

八敷は佐伯にとって触れたもの全てを食い尽す悪魔でありながら、俺の希望、俺のコオリの女王様でもあるという...

佐伯は八敷に殺されることを悟っていましたが、ずっと前から愛しい八敷に殺されることを望んでいたのかなあと感じました。

 

私は「かわいそうな自分を楽しんでる受け」が大好物なので八敷は本当にツボでした。ヤクザの中では木場さんが散々八敷をいたぶってくれるので好きです。ああいう飄々としたイっちゃってるインテリヤクザがいると一気に華やかになりますね。

 

 この漫画に普通の人は一人も出てきません。もれなく全員が普通がどういうことか分からない世間のはみ出し者。なので正直彼らの思考や言動はほとんど理解できないのですが、感情だけはこれでもかというくらいガンガン心に響いて訴えかけられました。もういろんな感情が自分の中に入ってきすぎて上下巻読んだあとには燃え尽きて、かなり疲れました。

今後再読するときも、「さあ読むぞ」と気合を入れなければ読めそうにない作品です。

コオリオニは以前から気になっていたのですが、電子化されていないので試し読みができないんですよね。なので色んな方々の「すごいの一言に尽きる」「blの枠に収まらない作品」という熱烈なレビューのみを頼りに前情報一切なしで読みました。

結果、本当にすごかった...

漫画を読んでいることを忘れる漫画です。映画や小説ともまた違う...

いろんな人間の深~い部分をより近くで見せられているような感じでした。

 

普段blを読む読まないに関わらず面白いと思います。梶本レイカ先生、一気に大ファンになりました。今後間違いなく作家買いします。

 

バンチで連載中の「悪魔を憐れむ歌」もWebで読んできましたがこちらもまたすごいです。コミックス発売が楽しみ。

 

 

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

 

広告を非表示にする