鹿のいほり

漫画の感想など

米代恭「あげくの果てのカノン」 1・2巻 感想

不倫もSFも普段自分から手を出さないジャンルなのに「SF×不倫」と書かれた帯を見たら無性に内容が気になるじゃないか…。

というわけで米代恭先生の「あげくの果てのカノン」を読んだので感想書きます。

 

以下ネタバレ注意

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

 

 

ゼリー(エイリアン)襲来によって 都市機能を失った東京・永田町。
高月かのん(23歳)は、高校時代から8年間、
一方的に大好きな境先輩への片想いをこじらせ、
崇拝の域に達している。

先輩以外を好きになったことがない高月にとって、
先輩との時間は、初めてのことだらけ。

触ること、
見つめること、
そして…

でも、いけない。
この「恋」を進めると、「罰」を受ける。
だって、先輩は他の人のもので、この世界のヒーローだから。

 

 

まず主人公のかのん。堺先輩が好きで好きでどうしようもなくて盗撮写真をスクラップしたり会えた日は声を録音したり、それを家で聴いて涙が滲んできちゃうくらいのメンヘラ女子。

好きの気持ちが強すぎて完全に一線を越えちゃってますが、かのんの先輩大好きっぷりが恥ずかしいくらいリアルで、こういうタイプの子によくある「誰かを好きな自分に酔ってる感」が全くなくとにかく必死なところがすごく共感できます。

人を好きになると誰しも傍から見たらちょっとヤバい行動をとってたりするんだろうなあと。

 

SFサイドでは「ゼリー」と呼ばれるエイリアンと堺先輩が所属する特殊部隊が戦闘しますが、そこで負傷者が「修繕」をすると腕がなくなろうが頭の一部が吹っ飛ぼうが綺麗に元通りに。

この魔法のような修繕ですが、やはりリスクが伴うようでその人の食の好みや人格などが少しずつ変わってしまうらしいです。

 

この先輩の変わっていく様がいろんな意味でドキッとする。

肉嫌いで全く食べなかったのに平然と目の前でハンバーガーを貪っていたり、性格も妙に強引で積極的になってたり、あったはずのホクロがなくなってたり...

カノンにとって高校の頃からずーっと一途に思い続けていた先輩が「修繕」をする度にどんどん知らない人になっていく…

なんかこれ読んでいてちょっとしたホラーだなと思ってしまった。

 

それにしても修繕はどういう仕組みなんだろう。

顔半分が無くなっても何もなかったかのように綺麗に治ってるので…他の誰かの身体の一部をくっ付けたりしてるんでしょうか…それで他人の人格とか組み込まれるようになっているとか……そういう話じゃないか。

 

 

不倫漫画なのでかのんと先輩が逢引きしているのを知って奥さんが黙っているわけもなく…

かのんから着信がきた堺先輩のスマホをコーヒーにミルクを入れるがごとく味噌汁にin…しちゃうような奥さん、初穂。

これ一番怖いタイプの人だ…と思ったら過去回想でかのんとそっくりな性格でびっくり。奥さん曰く堺先輩は「自分の言葉で一喜一憂するような立場の低い女が好き」らしいですが…これでまた先輩の真意がよくわからなくなりました。

修繕のせいで浮気性になってしまったのか、かのんの好意が単純に心地良いのか、それとも自分が変わっていないという証が欲しいのか…

あげくの果てのカノン(2) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(2) (ビッグコミックス)

 

この漫画は不倫漫画なので奥さんのお怒り描写など勿論ドロドロしている部分もあるんですが、絵柄のせいか不思議とさわやかさもあるんですよね。

カノンが先輩の一挙一動にドキドキしているところは普通に少女漫画のようで可愛いんです。

SF要素があることで色んな謎が散りばめられていて、ゼリーとは?地下とは?修繕とは?

と今後の展開が純粋に気になる面白さがあるので不倫というテーマでも重くなりすぎないんだと思います。

「SF×不倫」、新鮮で面白かったです。

 

mominokirin.hatenablog.com