鹿のいほり

漫画の感想など

あげくの果てのカノン 3巻 変わっていく人。変わって欲しくない人。変わっても好きな人。

3巻も面白さにのめり込んでしまいあっという間に読了。

1・2巻では腹の探り合いというかキャラクターが今いち本音を見せてくれませんでしたが、3巻では宗介、初穂、ヒロがそれぞれ自分の気持ちを語ってくれていてとてもスッキリしました。

 

以下ネタバレ注意 

 

あげくの果てのカノン 3 (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン 3 (ビッグコミックス)

 

 ↓1・2巻感想

mominokirin.hatenablog.com

 

話は宗介目線で始まり、かのんの収集癖はやはりと言うべきか、バレちゃってました。

宗介は学生時代から「好きなら何をしても良い」と思っているかのんを始めとする周りの存在を迷惑だと感じていたよう。

宗介とかのんが初めてけんかをするシーンでかのんの行為が気持ち悪い、重いとはっきり言ってしまう宗介に対し、かのんが今まで優しくて穏やかで神のような存在だと崇めていた先輩が完璧ではないと知り、ますます先輩最高!になる辺り、重症です。

初穂にとってはさあお互いの汚い部分を見せ合って喧嘩して来なさい、というつもりで宗介をケーキ屋に行かせたのに駆け落ち展開になってしまうとは...

これで宗介の今まで未遂で終わってきた恋愛感情とは明らかに違うということが初穂にも分かってしまいました。

宗介は自分の言葉に一喜一憂する従順なところが気に入ってかのんに近づいて行ったと思っていたのに。

期待させるだけ期待させて傷つけられたと怒って訴えてくるかのんの事を面倒になって捨てるだろうと予測していたのに。

結局自分のところへは戻ってこなかった。

しかもそれを仕向けたのは自分だとなると飼いゼリーを脱走させるほどの精神崩壊するわけだ...

あげくの果てのカノン 3 (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン 3 (ビッグコミックス)

 

変わっていく宗介。初穂は宗介が変わらないようにと、「宗介のため」としつつゼリーの研究をしている。周囲もそれを「愛の力」なんて言って囃し立てる。そういうのが宗介は疲れちゃったのかな。

そこで自分に対し「変わっていく自分も受け入れてほしい」と言ってくれるかのんが目の前に現れる。ゼリーと闘って行くためには修繕で人格や好きなものが変わることは避けられない。知らない自分ができていくことに恐怖を感じつつも、かのんのようにそういう自分も丸ごと受容してくれる存在はすごく彼の心の支えになったのかもしれない。

 

弟くんもついにかのんに告白。鈍感そうなのに本当はヒロの気持ちに気づいてたというかのんの独白にはちょっと意外。ヒロの一世一代の告白なのに内心先輩以外の人に好かれても。。。と感じているかのんにますます闇を感じました。

先輩へのストーカー行為の日々で弟以外の家族との触れ合い描写全くなかったと思いますが今回はラストにお母さんが登場。「今」じゃない別のところばかり見てないで私たちとの生活も大事にして...!という母の言葉を聞き、自分のせいで色んなものを壊してしまったと涙ながらに気づくかのん...で今巻は終わりました。

 

 

宗介が自分の弱い部分をかのんに見せ始めていてすごく人間ぽさを感じて良かったです。宗介の変化に対するかのん、初穂の対比と、ヒロの姉を救い出したいという気持ち、母の自分たちとの今の生活をもっと大事にして欲しいという思いが交錯していてとっても面白かった。

 

4巻の予告で「境さん...気持ち悪い...」という誰かの台詞と、「変わりゆく境。その姿はもう...」という煽りがあるんですけどこれは...

 

境先輩にぐちゃぐちゃになって欲しいという黒い気持ちと変わらずにいてほしいという思いが自分の中で闘ってます。

次巻は冬か。長い...

僕は犬 (少年チャンピオンコミックス・タップ!)

僕は犬 (少年チャンピオンコミックス・タップ!)