小林有吾「アオアシ」 9巻 感想

橘が望コーチに自分を試合に出さないよう直談判したり、冨樫と竹島との確執があったりと不穏な空気が流れ始めていた8巻。

9巻はそんな雰囲気が続きつつも、Bチームメンバーの過去編を通して精神的に大きな動きがあった。

 

以下ネタバレを含みます。

アオアシ(9) (ビッグコミックス)

アオアシ(9) (ビッグコミックス)

 

メインは冨樫の過去編。

ユースに入団した時から昇格生を毛嫌いしていた理由が明かされる。

どうやら小6のとき冨樫はエスペリオンジュニアの練習に参加していたらしく、そこで冨樫の「勝つためのサッカー」と、ユース生の「プロになるためのサッカー」

この2つが全く噛み合わず、理解し合えずに衝突。

冨樫曰くアカデミー育ちのサッカーは「ケガをしない、プロになる、試合に勝つ」という優先順位を無意識に付けており、差し引きをしながらサッカーをやっている。そういうやつは生きるか死ぬかの試合で役に立たないという主張。

対して黒田・竹島を始めとするユース生側はプロになりたいと思って何が悪い、自分たちは人生が掛かってるからプロになれなければそこで終わりだと言う。

多分ユース生はずっと才能ある集団の中にいるから冨樫のいう「生きるか死ぬかの試合」がピンとこなくて、大事な試合の局面でユース生とそれ以外の選手の温度の差が露呈して「ユースはメンタルが弱い」と言われてしまうのかも。

でも小6でサッカーに対する意識の違いで争いになること自体レベルが高すぎて、この過去編を読むとジュニアユースから昇格できなかったチームメイトの代わりにユースに入ってきたスカウト、セレクション合格者の冨樫やアシトと馴れ合わない理由も少し分かる。

ともあれ冨樫がユース生を毛嫌いしている理由が黒田や竹島から陰湿な嫌がらせを受けたからとかでなく良かった。

みんなサッカーに対する思いが強すぎるが故にこれだけは譲れないというポリシーを自分の中に持っていて、その方向性の違いからぶつかり合っただけなんだろう。

そして頻繁にキャラクターが口にする「強い」「弱い」というワードが印象的。

自分達は強いと信じて疑わなかった昇格生が冨樫との対立や自分の弱い部分を受け止める橘を通して、まだはっきりとは分からないが確かに存在する己の弱さと向き合おうとしている。

昇格生とそれ以外の選手の間にある壁を下手に馴れ合うことで解消するのでなく自分と他者の弱さを認めて少しずつ歩み寄ろうとしている…。

アオアシはこういう細かい心理描写が入ることで後の試合の面白さが倍増するので、アシト以外の選手の成長もありそうな武蔵野戦はものすごいことになる予感。

 

関係ないですがアオアシでアシトがなにかの気配を感じてゾッワアアアって鳥肌恐怖すると必ず阿久津渚が来たと条件反射で思ってしまうけど、今回は違った。

花がアシトの尻をまさぐっただけだった。

 

2人の関係はアシトが鈍いせいでなかなか進展しないので(1巻で女子にパンイチで求婚するくらいには恋愛IQが低い)

花は栗林にせっせと献立作ってアシトを嫉妬させてサッカーどころじゃなくしてやればいいんだ…。

 

そして今回冨樫と並んでスポットが当てられていたキャラが竹島

竹島は練習場に彼女を連れてきたり自称「プライベートとサッカーを完全に切り離しているタイプ」で、流石エリートは違うなあと思ってましたが、今回は髪型も大胆チェンジして何かに目覚めた感じ。

というか竹島って赤髪だったのか…

実に赤髪リーゼントらしい気合の入れ方だ。

ほかのキャラが目立ち忘れてましたが、武蔵野戦は「試合の働きいかんでAチーム入りを判断する」と福田監督に言われているアシトにとって大事な試合。

ちょっと色んなキャラの進化の予感をビシビシ感じているので...一体どうなるんだ武蔵野戦。

アシトの司令塔としての活躍が待ち遠しいです。

 

mominokirin.hatenablog.com


BC『アオアシ』コミックス公式PV

アオアシ(1) (ビッグコミックス)

アオアシ(1) (ビッグコミックス)