読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿のいほり

色んな漫画の感想をかこうと思います。

アオアシ 9巻 感想 ちびペリオンがかわいい。武蔵野戦開幕。

橘が望コーチに自分を試合に出さないようにと直談判したり、富樫と竹島との確執があったりと不穏な空気が立ち込めはじめていた8巻。

9巻はそんな雰囲気が続きつつも、エスペリオンズの可愛い(?)過去編があったり新たな女子キャラが登場したりと試合以外での動きのある巻でした。

 

以下ネタバレ注意

 

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

 

 

9巻のメインは何と言っても富樫の過去編。エスぺリオンに入団した時からユース生を毛嫌いしていた理由が明かされました。

どうやら小6のとき富樫はジュニアユースの練習に少しだけ参加していたようです。

そこで富樫の「勝つためのサッカー」と、ユース生の「プロになるためのサッカー」

この2つが全く噛み合わず、互いを理解もできずに衝突。

富樫曰くアカデミー育ちのサッカーは「ケガをしない、プロになる、試合に勝つ」という優先順位を無意識に付けており、差し引きをしながらサッカーをやっている。そういうやつは生きるか死ぬかの試合で役に立たないという主張。

 

これに対して黒田・竹島を始めとするユース生側はプロになりたいと思って何が悪い、自分たちは人生が掛かってるからプロになれなければそこで終わりだと言う。

多分ユース生は元々才能お化けの集まりだから冨樫のいう「生きるか死ぬかの試合」がピンとこないんでしょうね。

そういう大事な試合の局面でユース生とそれ以外の選手の温度の差が露呈して「ユースはメンタルが弱い」と言われるんじゃなかろうか。

 

いやでも、やっぱりみんな小さい頃からレベルの高いサッカーやってたんだなあ。

小6で、自分たちがサッカーをやる上での意識の違いで争いになるって正直すごい。

上達していく子は考えながらプレーしてるんだなあと。アオアシを読んでいると何も考えずにぽけ~っとやっていた自分の部活時代が悔やまれてなりません。

 

ともあれ富樫がユース生を毛嫌いしている理由が黒田や竹島から陰湿な嫌がらせを受けたからとかでなく良かった。みんなサッカーに対する思いが強いが故にこれだけは譲れないというポリシーを自分の中に持っていて、その方向性の違いからぶつかり合ってしまっただけなんだろうな。

でもこういうどちらかが悪い訳じゃない揉め事ってなかなか解決が難しかったりするんですよね...。だからここまでお互い触れずにズルズル来てしまったんでしょう。

 

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

 

今回は栗林や阿久津といったAチームのメンバーが登場せず、Bチームのメンバーの微妙な人間関係がまるっと1巻分描かれていたので10巻での武蔵野戦がより濃いものになりそうです。

今まではガッツリ葦人の成長を見守っていける試合内容という感じでしたが他のメンバーの爆発的プレーも見られそうでさらに面白くなる予感。

 

関係ないですがアオアシで葦人がなにかの気配を感じてゾッワアアアって鳥肌恐怖すると必ず阿久津渚が来た!と条件反射で思ってしまうんですけど、今回は違いました。

花ちゃんが葦人の尻をまさぐっただけでした。(物理)

 

2人の関係は葦人が天然くるくるパーなせいでなかなか進展しないので…

花ちゃんは栗林くんにせっせと献立作って葦人を嫉妬させてサッカーどころじゃなくしてやればいいよ。

 

そんな二人を生温かい目で見つめる大友も大活躍でした。主に顔芸で。

いつもちゃっかりコマの隅っこで面白顔をしているので大友を探すのも楽しみの一つだったりします。チームが重い空気のとき彼がいてくれるととても和む…

 

そして今回冨樫と並んでスポットが当てられていたキャラが竹島

竹島は練習場に彼女を連れてきたり自称「プライベートとサッカーを完全に切り離しているタイプ」で、流石に才能ある子はスタイリッシュだなあと思ってましたが、今回は髪型も大胆チェンジして何かに目覚めた感じでした。

 というか竹島って赤髪だったんですね。実に赤髪リーゼントらしい気合の入れ方です。

 

葦人以外のキャラが目立った9巻でしたが、武蔵野戦は「試合の働きいかんでAチーム入りを判断する」と福田監督に言われているので 葦人にとってもめちゃくちゃ大事な試合。

ちょっと色んなキャラの進化の予感をビシビシ感じているので...一体どうなるんだ武蔵野戦。

葦人の司令塔としての活躍が待ち遠しいです。

 

mominokirin.hatenablog.com

mominokirin.hatenablog.com