鹿のいほり

漫画の感想など

中村明日美子 「ダブルミンツ」 番外編 感想 耽美なJKに見惚れる

OPERA vol.62に掲載されているダブルミンツの番外編を読んだのでちょろっと感想。

 

 以下ネタバレ注意。

OPERA vol.62 (EDGE COMIX)

OPERA vol.62 (EDGE COMIX)

 

 

「女子高生は好きか?」

という佐伯さんの台詞で始まるこの番外編。

そしてこのJKというのはもちろんヤクザの娘。つまりお嬢。

中村明日美子先生の描く女子は最高ですが、このお嬢も極上のエロス溢れる雰囲気のある子で、ドンペリ飲みながらパンケーキ食べてついでにハッパスースーしちゃうような子でもあり…。

BLに登場する女子は邪魔者扱いされるのが常ですが、このJKがものすごく良い仕事をしてくれていて、話をダークな方向に面白くしながら主人公2人の間に漂うなんとも言えない空気感を第三者的目線で味わわせてくれるという…素晴らしき女子でした。

 

私は明日美子先生が描かれる食事シーンの美術品のような美しさにいつも見とれてしまうんですが...例えば

ダブルミンツ本編ではミツオが「断髪式」のDVDを見ながら桃を食べるシーン。

同級生シリーズはハラセンが佐条に目玉焼きだったかな?を妄想の中で食べさせるシーン。

 もう本当に息を呑む美しさというか、あれ、桃とか目玉焼きってこんなに卑猥な食べ物だったか…?

と感じるような明日美子先生ミラクル…。

今回もばっちり自分の知っているパンケーキとは違う物に見えてハラハラしました。

 

あとはやっぱり「目」ですね。

あの三白眼の妖しい視線にものすごくドキッとさせられました。

みつおがラリってお嬢とキスするのを黙って見つめるミツオの視線。

キスをしながらミツオの様子を盗み見て2人の恋人でも友達でもない不思議な関係を探ろうとするお嬢の視線。

ちょっと普通じゃない人の目だよこれは…

ミツオとお嬢ってちょっと似てるかもなあとか思ってしまった。

作中でみつおのちょっと人間らしさを感じられる台詞があり、ミツオのみつおへの愛がひしひしと伝わってくる素敵な台詞あり、ラストはふふっと笑えるダブルミンツらしい終わり方でした。

 

 

ダブルミンツが実写映画化されると知ったときに、ついにblの、しかもこういうタイプの作品が映画になっちゃうのか~と思って自分は原作だけで十分かなという感じだったんですよね。

また同級生みたいにアニメ映画化ってわけにはいかんのだろうか...って気持ちもあったし...

でも今回のOPERAの特集で監督の方とみつお役の田中さん、明日美子先生、トウテムポール先生の対談が載っていて、それを読んだら作り手の作品への愛がもうバシバシ伝わってきました。

特に田中さんはあの華奢なみつおの身体になりきるために周りに心配されるほど痩せて、服装や歩き方まで意識して1年かけて役作りをされたとのこと。

なるほど映画のトレーラーを見てきましたが見た目だけでなく仕草や視線の動かし方までみつおそのものだ...!

 

脚本を明日美子先生が手直しされている画像もあったんですが、これがかなりの辛口でこのキャラはこんなこと言わないとかこういうシーンは不要とか...

確かに修正前のものが映像化されていたらファンは間違いなく劇場で困惑していたと思うので先生の希望にすり寄せてくれて本当に良かった。

 

映画ダブルミンツ、かなり期待できそうで楽しみです。

 

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

mominokirin.hatenablog.com