鹿のいほり

漫画の感想など

梶本レイカ「悪魔を憐れむ歌」感想 息切れしながら読みました

コオリオニに続き今回も道警が舞台。

梶本先生作品の影響で私の中の北海道のイメージがとんでもないことに…。

未だコオリオニの衝撃から抜け出せていない自分にとってはなんだか鬼戸や八敷がひょっこり登場するんじゃないかと思わずにはいられませんでした。

今作も読むとなかなか日常に戻ってこられない強烈な漫画です。

 

 

以下ネタバレ注意

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

 

 北海道警の刑事・阿久津亮平は8年前に起こった「箱折連続殺人事件」を追っていた。周囲の呆れ顔をよそに熱心に捜査をする中、知り合ったのが咽喉科医・四鐘彰久。静かな佇まいの有能な医師で、協力を約束してくれた。一方、道警内部の軋轢に苦悩する阿久津…そして、実は四鐘こそ「箱折犯」その人だった――!! 血と暴力と追憶に彩られた黙示録クライムスサスペンス、ここに開幕!!

 

表紙の悪魔のような男、というか自称「悪魔」で「地獄」の四鐘彰久という美人な咽頭科医こそが箱折り犯その人であり、お気に入りのオペラにのせて人骨をボッキボキに折るのは目的ではなくあくまでも過程だとするザ・サイコパスです。

 

この四鐘センセがもう可愛くて素敵で…梶本先生はサイコパスをチャーミングに描くのが上手すぎる。

この繊細そうな見た目、おちゃめな性格、妙に心を掴まれる彼なりのポリシーや美学のせいでどんなに残忍非道なことをしていてもどうしても憎めないし、彼の美学を理解してみたいという危険な考えにまで及んでしまうような不思議な魅力があります。

四鐘というのは偽名で本名はミハイル=ハーマンというらしいですが、年齢も謎に10歳もサバ読んでたし気分で名前や年齢変えてそうなのでどの情報が本当なのか分かったものじゃありません。

 

そしてこの箱折り犯を一人で追い続ける刑事の阿久津が捜査のために四鐘先生のクリニックを訪ねて2人は出会います。

四鐘先生が何を考えて何を成そうとしているのかはさっぱりですが、とりあえず阿久津との出会いが先生の内なるものを最高に掻き立てたことは分かりました。

名刺の匂い嗅いでましたからね。危なすぎる。

先生にとって阿久津は「完璧」であり「私がお前のメフィストーフェレ」なんだそうです。

宣伝文によると「その出会いこそが血と暴力と謎に満ちた驚愕のサスペンスの幕開けだった―!」

との事なので、ここから事件解決に向けて阿久津が奔走する展開ではなさそうでますます続きが気になります。

 

このメイン2人の唯一無二の存在に出会ってしまった感じや会話の色っぽさ、かけ合いのお茶目さを見ているとやっぱりどうしてもそういうアレを期待してしまうんですが、そこは一般誌ということで自分を戒めつつ…

でもこういう当てはまる言葉がないけど確実に互いを強烈に意識してる関係、滾る。

 

人物のことばかり書いてますがこの漫画はストーリーが本当に面白い。

ただ凶悪な箱折り犯とそれを捕まえんとする刑事の図だけでなく、婦女暴行犯、不祥事をもみ消そうとする道警内の圧力、箱折り事件について何やらほかにも隠しておきたいことがある様子の警察の上の人間...

と一体どれだけの悪が存在してるんだというくらい悪が渦巻いてます。

不祥事というのは8年前に箱折り事件の容疑者として身内の警官を冤罪で捕まえたもので、この事実がバレないよう道警全体で事件そのものを無かったことにしようとするんですね。

なので警察内の上の人間は箱折り犯をいつまでも追い続けている阿久津を邪魔な存在だと思っていて、口を開けば「あの事件は終わったんだ」と相手にもしない。

犯人に仕立て上げられてしまったカガミという男は阿久津の同期で、カガミのためにも阿久津は箱折り犯を絶対に捕まえようと決めている。

カガミは度重なる尋問のせいで今は精神病棟に入院しており、阿久津が見舞いにくると子供のように喜ぶ...というシーンがあるんですが、うまく言えませんが自分はこういうものを見たいがために梶本先生の作品を読んでいる気がします。(まだコオリオニだけですが)

片方が相手に依存していて他方もそれを受け入れてるけどどこか冷めていて熱量が同じじゃない感じ...

自分が満たされていない人ばかりなので人に優しくとか読んでいてあったかい気持ちになるようなハートフルな人間関係が存在しないんです。

カガミのために箱折り犯を捕まえてやると言ってはいますが阿久津も決して善人に描かれてるわけじゃないんですよね。

正義vs悪ではなく、自分なりの正義を持った悪がひしめき合う中で悪そのものを解剖しているように思えます。

四鐘先生が言った

「悪とは単なる善意の不在かな?」

「純粋な正義と無償の悪の違いとは?」

この台詞こそが今作のテーマだと思わずにはいられません。

 

それにしてもこの事件を蒸し返そうとするとお偉い方があまりにも大慌てなのが怪しすぎますね…

隠したいことは冤罪の件だけじゃないんでしょうたぶん。

こういういろんな謎とか伏線がゴロゴロ転がっていて、先は気になるし読めば読むほど新しいことに気づくので思わず深読みしすぎている自分がいます。

 

 

四鐘先生は自分が出した犠牲者の無残な死体写真を見せられても白々しく乙女なリアクションをとっていたり、普段も飄々とした立ち居振る舞いなんですが、阿久津が箱折り犯を捕まえたいと語った時の先生の表情…作中で唯一素が出ていたように感じたんですが、あの時の感情がすごく気になります。

ちょっと驚いているようにも見えたので阿久津がイキイキと箱折り犯の存在を証明したいと話すのにびっくりしたのかな?

捕まえて罰を受けさせてやりたいとかでなくこういう台詞が出たこと自体に驚いたのかもしれない。

長年自分のしたことが無かったことにされていた彼的には箱折り犯=自分だと証明してくれる奴が現れたとますます阿久津への期待が高まった瞬間だったことでしょう。

 

…と色々考えさせられる漫画ですが毎回四鐘先生の肉体(半裸)を見て全てが吹っ飛びます。

病院にいるときの華奢な印象のインテリ先生とのギャップよ…。

やっぱり簡単そうにポキポキ折り畳んでるけど人の関節をあれだけ綺麗に逆に折るって相当な力がいるんだろうなあ。

死んだ状態ならまだしも生きてますからね。

これから一体何人の犠牲が出るのやら…

神の子羊ミハイル=ハーマン50歳の動向に目が離せません。

 

 悪魔を憐れむ歌は読んでいて色んなものが削られていくのを感じてとにかく消耗しました。

梶本先生は無事なんだろうかと思うくらい。

そんな梶本先生の今作のあとがきを読んで大変感銘を受け、ますますこの作品が好きになりました。

日常の苦痛を感じることが許されない中で、せめて漫画の中だけは苦しみを謳歌できるようにとあらゆる痛みを我々に提供してくれる梶本先生の作品は、ほかの漫画を読んでいるときとは違うものが分泌されているような感覚です。

 

この悪魔を憐れむ歌でもうそれはそれはばっちり痛みを謳歌させてもらったのであとは次巻までにゆっくり咀嚼しようと思います。

 

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

 

mominokirin.hatenablog.com