小林有吾「アオアシ」10巻 感想

武蔵野戦までBチーム内でいざこざがあった分、この10巻で長い冬が終わる兆しが見えてきて興奮の連続だった…。

 

 以下ネタバレを含みます。

 

 ↓9巻感想

mominokirin.hatenablog.com

アオアシ(10) (ビッグコミックス)
 

武蔵野のハイプレスにロングパスを繋ぐダイレクトサッカーで対抗するエスペリオン。こちらが優位な個人技術を活かした作戦で試合は一時エスペリオンのペースになりますが、まんじりとも焦りを見せない武蔵野。

チームが焦らず普段通りプレーできるようコントロールしていたのがキャプテンの武藤で、その役割は「司令塔」。

 

武蔵野の佐竹監督曰く、この選手をまとめ上げる司令塔をはじめ、迷いのないハイプレス、一枚岩のメンバー達、絶対的ストライカー(金田)、これら武蔵野が持っている全てが今のエスペリオンにはないものだと言う。

捨て身のサッカーをしてくるのに隙がないので今のところ個人技が上回るだけのエスペリオンには攻略が厳しい。

 

そして打倒エスペリオンと燃えていた金田ですが、その気持ちが強気なプレーに表れてます。

 

果敢に攻める金田にパスミスからシュートチャンスを作ってしまった黒田がミスを取り返そうと自らマッチアップするも、個人技は金田よりも明らかに勝っているのに、詰めの甘さというか9巻にあった「プロになるためのサッカー」が出てしまい、一瞬の気の緩みによって武蔵野に1点目を奪われる。

テクニックや足の速さで勝っても、武蔵野のようにリスクを冒して「勝つ」ことを目標にしてきたチームを前にすればこうして僅かな隙を突かれてしまう。

これまた冨樫に「ケッこれだからアカデミー育ちは」と言われそうな…

 

焦りが出始める中ついに1点先制されたエスペリオンを盛り返してくれるのが、スランプ真っ只中の生真面目FW橘総一朗。

望コーチが自分を試合で使ってくれたことに対する感謝と期待に応えたいという気持ちが湧き上がり、完全に火がつきます。

鬼神のような表情で点を取ることに集中する橘に、何とかして点を取らせてやりたい、殻を破らせたいと必死にプレーするアシトと大友。

そんな思いを受け取りシュートを放つ瞬間、

ひとつ思い出したことがある...

という橘のモノローグが入る。

今まで自分は義経さんや金田のような優れたFWを見て落ち込むばかりだったが、ただひとりアシトに対しては違った。

アシトの困難に立ち向かう姿に勇気をもらっていた。

ゴール直前の

俺が初めて憧れた選手は、お前だよ。アシト。

これがもう最高にアツい...

 

ゴール直後すかさず橘に覆いかぶさる選手達、無言で親指を立てる望コーチ、喜ぶというよりほっとした表情のアシト、そして何より自分のゴールが信じられず感極まった表情の橘に、ああようやく…とひたすら感動と興奮でした。

 

そしてここまでの試合を見て佐竹監督はアシトの視野の広さを見抜き、エスペリオンのMVPだと評価する。

そこでGK1人を残しほかの10人をすべて前に押し上げてハイプレスに来る人数を増やすという、リスク冒しすぎでは…?と思うくらい際どい作戦に変更。

後ろがガラ空きなのに何度もオフサイドを取られて攻めあぐね、2点目を奪われ…さらにBチームの最大の弱点を突かれて追加点を許してしまうのか…?

で終わりました。

 

10巻で1番グッときたのは橘の雄叫びが聞けたこと。

点が取れない自分を責め続けFWとしての自信を失いそうな時にアシトのポジション変更があり、困難な状況に陥る友人が奮闘する姿と落ち込むばかりの自分を比較してしまう。

自分がアシトのようにできない葛藤もあって、そういう感情が8巻の「どうやったらお前みたいになれる?」という台詞に滲んでいた。

アシトのド根性は中々真似できるものではないが、チームメイトでライバルである身近な友人をすごい奴、憧れだと素直に認められるのも橘だからこそ出来ることだと思う。

 

最後の弱点というのはサイドバックの冨樫と竹島の連携が取れていないことでこれが克服できれば金田のシュートの怖さも減るし、Bチーム全体の雰囲気が良い方向に変わると思うんですが、色々と丸くなった竹島はまだしもユース生を目の敵にしてきた冨樫は和解する姿が全く想像できない…

ロッカールームから始まるであろう10巻が今から待ち遠しいです。
mominokirin.hatenablog.com