アオアシ 121話

121話「洗礼」

 

主力組の「絶対にサッカーが上手い」のだろうなと思わせる、あの阿久津が霞むほどのオーラに圧倒される...。

特にアシトと黒田が加わると知った桐木、「ふう…」って、明らかに不満そうな...ABの入れ替わりがある度に練習に付き合わされるような形になって辟易してるんでしょうね。

ポジションや小柄な体格が黒田と共通しているので、アシトにとっての栗林みたいな存在になったら面白いかも。

そして「先輩に注意される」という阿久津のとても珍しい姿が。3年の山田さんに不調を指摘されていました。
栗林と福田の異次元の会話を聞いたショックを引きずり、しかも阿久津を見る栗林が心の内を全て見透かしているかのような表情で、こういう態度も含めて阿久津は悔しくてたまらないといった感じ。アシトもパス回しの輪に加わり集中どころじゃなさそうです。

オシム式。「普通」じゃない発想の連続の中で、アシトの指示の発想は良くても阿久津の動きからしてパスコースを読まれてしまったのかなあ。

アシトからボールを奪ったついでに何か捨て台詞でも吐くのかと思ったら、なんにもなくて拍子抜け…。
阿久津がアシトと絡んで暴力暴言がなかったのは初めてな気がするので、監督の目の前というのもあるでしょうがそれだけ精神的にいっぱいいっぱいなのかなと。


アシトの能力を活かす暇も与えてもらえず、ただただスピード感と技術と思考に圧倒されるばかりで、あっという間の主力組でのひとときだった…。
Aでは最初は絶対に通用しないと言われてきた理由がよく分かりました。

桐木の訴えでアシト黒田が控えに戻されますが、今のところ彼が血も涙もない男で出来る奴感がすごい。早くプレーが見たい。

 

黒田の「見えてなかった…誰一人として…僕が目に映ってなかった…!!」というのは、冨樫がジュニアの練習に参加したとき黒田たちユース生に感じたあの不気味さそのものですね。
たぶん黒田はこういう扱いをされた事が無いだろうからなあ…戦意喪失気味の表情だけど早いとこ立て直さないと以前の1ヶ月間と同じになってしまう。

アシトは沈みまくりかと思いきや、なんだこの表情は…。
目が血走ってる化け物主力集団も怖いけど、この場面で目を輝かせるアシトが1番こわいよ…ワクワクさせてくれるなあ。

オシム式パス回しのみを見た感じだと控え組に何とかついていけてアシトの才能が上手く発揮されればそれ以上、主力組にはまだまだ歯が立たないといったレベルで、思った以上に控えとの壁は厚かった。

阿久津が栗林への嫉妬や焦りをむき出しなのがとても人間らしくて、今頭の中ごちゃごちゃなんだろうなあと思ったらすごく応援したくなってしまった。

頑張れアッくん......

mominokirin.hatenablog.com