アオアシ 122話

122話「日の丸食堂にて①」

 

はじめての"先輩めし"。
この漫画、食レポと合わせて食べ物の描写にすごく気合いを感じます。

そしてまたアシトがめちゃくちゃ美味そうに食べるから日の丸食堂のチキンカツが今すぐ食べたくなってきた…

平さんも言う通り昇格組は個性がバラバラで面白いですね。
初日の練習を終えて、冨樫はついていけない自分にイラつき、黒田はただただ落ち込んで、大友は悩みながらも目の前のホカホカ飯を食べ、アシトはAチームのレベルの高さに興奮して笑っている。

 

松永さんが普通にとても良い先輩で、ご飯誘ってくれたりアシトと同じ外部生な事もあってすっかり打ち解けた様子。

松永さんが2年スカウト3名の内の1人だとすると、セレクション合格の阿久津と昇格生を抜かしてあと2人は誰なんでしょう。

U18の代表は義経山田桐木高杉の4人。
確かに風格があるというか、プロへの道を着実に進む中でBから上がってきた1年のレベルに合わせてる暇はないでしょうし、桐木が溜め息をつく気持ちも分かります。

栗林は飛び級でU20代表…と噂をすれば都と杏里を引き連れて本人来店。
偏食で「ピーマンとかニンジンは見るのもイヤ」という意外に子供っぽいところがあったり、こうやって同級生達と一緒にいると屈託ない顔で笑うんだなあと。

都は「お義姉さん」と呼ぶ大友をガン無視でアシトに視線を送ってますが、食堂までついてきたのもアシトが気になるからだろうし、選手としてというよりアシト本人に対する興味に変わりつつある気がするような。

杏里はライバルを自ら招き入れてしまったのでは…

 

122話にしてようやく、栗林とアシトが対面。

なんだろう…アシト目線で見てるせいかいつもより栗林が質量をもってそこに存在してる気がします。大物オーラがすごい…
栗林「お前だけ、どこに出せばいいのかはわかっていた」
前回阿久津にボールを奪われはしたものの、やっぱりパスの出し所は間違っていなかった。

気さくに見える栗林のことを遊馬が「怖い」と表現したことが気になります。
技術の事にちょっと触れてるからそれについて耳が痛い事を言われたり…?
満面の笑みなのが余計不気味だ。

Aのレベルの高さに1人だけますます燃えるアシトですが、もしかするとこの栗林との会話がアシトにとって一番精神的にグサッと来たりして…

mominokirin.hatenablog.com