アオアシ 128話

128話「交代枠」

アシトが出るか、それとも栗林かと予想してたところ、今週は2人ともまだでしたね。
でも次回のアシト覚醒を匂わせるワンクッション的な内容になっていて、アオアシのこういう話の作り込み方がすごく好きだなと改めて思いました。

 

足の痛む平さんの代わりに栗林を出せば試合には勝てるけれど、そうする事が栗林自身の、そして個人やチームの「育成」のためになるのか…と悩む福田。
あともう一つ決めかねている理由としては、ラストのシーンを見てしまうと、福田の中でレギュラー組とうまく連携して化学反応を起こすアシトの画がチラついてたのかなあと。
アシトは福田の理想とするチームに欠かせない、SBの穴を埋める重要なピースでもあるので。


前回で柏大との力の差がはっきり見えたものの、前半終了時点でお互い得点はゼロ。柏大は杉浦監督の教えのおかげか、阿久津の挑発に乗らないメンタルの強さも伺える。

阿久津って敵味方関係なく誰にでも煽るんですね…というか煽らないと人とコミュニケーション取れないのでは…。
アシトへの態度も相変わらず尖ってて安心しました。

アシトが純粋にプレーについて質問してきたのに対して「はああ~~~?」「気色悪い」「(物を投げつける)」
この態度。
飲んでたボトルをそのまま投げつけてくるって、ちょっと心配になるほど歪んでますね…
ここまで行くと笑いがこみ上げてくる。
アシトに何か恨みでもあるのかというくらい何もかもが気に入らないようですが、アシトの手からボトルを取り、自ら暴言を吐きにわざわざ話し掛けに来るところが何だか憎めないアッくん。

いつデレるのかと楽しみにしてますが、もはやこれが阿久津なりの友好のサインなのでは…?と最近疑ってしまいます。
「なんでテメエがベンチにいるかもわかんねえ」のに、アシトがSBに転向したときその理由を「わかってたくせに(笑)」と栗林に言われているので、能力について理解はしてるんでしょうね。認めてないだけで。

 

感情のぶつけ合いで一触即発だったBチームロッカーと比べると、冷静に分析し合うAチームロッカーには感動すら覚えます。

何人か着替えてますがみんな筋肉バッキバキだ…桐木なんてどちらかと言えば華奢な印象なのに、この締まり具合はすごい。あのウェイトトレーニング目標をこなすとこんな体になるんだろうか。
桐木といえば、巻頭カラーでおそらく初めて髪の色が判明しました。濃度からして黒ではなさそうだと思ってはいたものの、こんな1人でヴィジュアル系みたいな髪色だったとは…

アシトはすごい人に名前を覚えられたのかもしれない。

 


先発とベンチの実力の格差、特に期待値を下回った1年3人について嘆く福田。これは望さんにアシトの反骨心を煽らせたとき同様、そういう演出なんだろうか…。
この話をお嬢も聞いていて、竹島とのケンカの時もそうですが、結構冨樫にとって重要な場面を共有してるので、幼馴染みの遊馬ではなくヤンキー冨樫とくっつく線も濃くなってきた。
遊馬と話す時の素っぽさが出るところも、冨樫とサッカー論を語りながら目を輝かせてるところも選び難い可愛さなので、どちらにしても美味しいです。

 

そしてラスト、福田がロッカールームのドアを開けるシーン。
このページ本当にびっくりしました…汗だくの選手達が音とともに全員パッと消えて、福田の目に映るのはアシトだけ。
福田の密かな期待が、試合に出る自分を想像して集中を研ぎ澄ませるアシトの姿と合致したのかも。
「葦人。お前、行け。」
アシトがついにプレミアリーグの舞台へ。
しかも試合勘を取り戻す目的で栗林も出すと思われるので、このままいけば遂に夢の共闘が…
問題は栗林が出てくる前だろうな...特に阿久津。
最後ロッカーには見当たりませんが、アシト出場を知ったらどうなることやら…暴れだす様が目に浮かぶようだ。

悪態つきながらも意外と息ぴったりだったら面白い。

あ、スペシャルニュースはこれでした。

アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊)

アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊)

 

12巻と同日発売らしいです。

mominokirin.hatenablog.com