アオアシ 129話

129話「有言実行」

 

誰が"有言実行"するかと思えば…
ついに桐木回が来てしまった。

 

柏大の動きを前半で見極め仕掛けに行き、1度目でだめだったらすぐにそれを修正して次のチャレンジで実行できてしまうという、彼はやっぱりできるやつでした。

基本無表情なのに意外と「クソっ!!」とか言うんだなあ。

桐木が仕掛けて高杉がスペースを作り、義経がシュートを叩き込む一連の流れがあまりにも一瞬で迷いがなく、これを前回ロッカールームで綿密に話し合っていたのかと感心しました。

 

桐木「大丈夫...点は、俺たちで取るから。」

この台詞、一見カッコいいんですが、この「俺たち」にアシトが含まれてないのが悲しいところです。

「大丈夫」な理由が「ロッカーで話し合ったから」なのは味方の力を信頼しているからだろうし、技術もフィジカルも突出した所のないアシトがこのバケモノ達の中で今できることって何なのだろう、と思ってしまう。
ボールへの反応が鈍くて阿久津にフォローされる事になり、福田が言ったようにショートスプリント力のなさが露呈してしまう部分もあったりして、覚醒の糸口が見えてこない。何とかしてくれ栗林…

 

阿久津はアシトにどんな罵声を浴びせてくるのか楽しみにしていたら一言も喋らないという、逆に恐ろしいパターンでした。
そんな中で志村さんと義経コンビは良かった。アシトを気遣って声を掛けてくれるし、2人とも喋り方に癖があって変わり者っぽい雰囲気が和む。志村さんなんてアシトを「この子」と呼ぶので、より高3に見えなくなってしまった。

 

先輩の中で初めて「アシト」と名前呼びするのが桐木になるとはなあ...

とぬか喜びしたのも束の間、桐木を起点にゴールを決めたU18組が喜び合う描写と、それに対比するように棒立ちで唖然とした表情のアシトが、紅白戦や朝利黒田とのトライアングル覚醒前くらいの絶望感で久々にキツい。
色々と弱点があっても今まで天賦の才でカバーしてきたので、プレミアでもなんとかやってくれるだろうと期待していましたが、試合に参加する事すら出来ないこの感じ…
得点に絡むどころか「何が起こっているのか分からない」状態でした。

しかもそんなアシトの様子を柏大の監督に気付かれてしまう。サイドバックの穴を見抜かれてしまったら、あとはそこにつけ込まれるだけでしょうね。それを阿久津がカバーする羽目になってまた厄介者扱いされて、ついにフィールドから…という後ろ向きな想像ばかりしてしまうほどに不穏な流れ。

 

もう一つ不穏な要素といえば、アシトの交代を知った冨樫の表情。「止めて蹴る」やDFの動きを"教える"立場だった自分をあっという間に追い越していくアシトと、ベンチ入りもできない自分。この現状がショックなんだろうな。
2人ともここしばらく会話するところを見てない上に同室なので、関係がこじれなきゃいいけど…


悔し気な冨樫を心配そうに見つめるお嬢ですが、アシトがSB転向を福田に告げられ肩を落として部屋から出てきた時に「ドキッ」としていて、そういう表情に弱い疑惑があるので、何か進展がありそうな気もします。最後、杏里が立って振り返りながら試合を見てるのも気になる。冨樫の隣に行こうとしてるとか?

 

アシトについては視野の広さを見抜いている栗林が何かヒントをくれればいいですが、例によって言語的アドバイスは期待できそうもないので、やっぱり出てきて貰うしかないだろうなあ。

 

義経の言うように、今はまだゲームに「入れる」までの時間と信じて、次回に期待。

アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊)

アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊)